デザイン&クリエイティブ

【Webデザイナーとは?】Webデザイナーの仕事内容

Webデザイナーの仕事に興味がある。Webデザイナーとして働いてみたい。Webデザイナーの仕事内容ってどのような内容なんだろう?なんとなく想像はつくけど、意外とWebデザイナーの仕事ってハッキリとはわからなかったりしますよね。実際、Webデザイナーとはどのようなお仕事なのでしょうか?

【Webデザイナーとは?】Webデザイナーの仕事内容

Webデザイナーの仕事は、デザインを制作するだけではない?

Webデザイナーの仕事と言われると、ペンやペンタブレットでデザインを設計している姿や、html/cssでコードを打ち込んでいる姿を想像されるかもしれません。実は、Webデザイナーの仕事は「デザインを設計する」ことだけではないのです。Webサイトの依頼主との打ち合わせから始まり、フレームワークの設計を通して、ようやくデザイン構築の作業に移ります。Webデザイナにとって、デザイン構築をする前の仕事もとても重要な仕事です。では、それぞれの仕事で一体どのようなことが行われているのでしょうか?

Webデザイナーの仕事は、デザインを制作するだけではない?

Webデザイナーとして欠かせない依頼主との打ち合わせ

まずWebサイトを制作する前に、依頼主からサイト制作の依頼がなければデザインのお仕事は始まりません。そして、お仕事を依頼して頂いた後も、どのようなWebサイトを作りたいのか、どのような人たちをターゲットとするのか、お互いの認識を共有する必要があります。ここで認識のズレが生じていると、フレームワーク設計・デザイン設計をした後で大幅に修正を加えなければならないことも。正確に素早くデザイン設計をするためにも、依頼主との仕事はとても重要な仕事となのです。

Webデザイナーとして欠かせない依頼主との打ち合わせ

Webサイトのフレームワーク設計

依頼主とどのようなWebサイトを制作するべきか認識を共有した後は、デザイン設計に移る前にフレームワークの設計をする必要があります。フレームワークとはデザインの元となる「骨組み」のことです。つまり、配色やデザインを加える前の、Webサイトの構成のことを表します。ヘッダーの大きさ・メニューバー・主要コンテンツ・ボタンの配置など、どの位置にどのような物を配置をするのか構成を練っておけば、次は色とデザインを加えるだけになります。フレームワークを明確にしておくと、依頼主との認識のズレを防ぐことにも繋がります。

Webサイトのフレームワーク設計

Webサイトのデザイン設計

フレームワークの設計が終わったところで、デザインの設計に入ります。デザイン設計をするに当たって、ただサイトのイメージにあったデザインを設計するわけではないんです。デザインの設計には、依頼主とのやり取りで明確にしたターゲットを元に、そのターゲットが気を引き、使いやすいデザインを設計する必要があります。ツールは一般的に、Photoshopを使用することが多いです。コーディングをする前の段階として、一目でどのようなデザインを実装するべきなのか認識できるデザイン設計をする必要があります。

Webサイトのデザイン設計

Webサイトのコーディング作業

最後に、Webサイトのコーティング作業に入ります。ここではhtmlとcssのスキルを使い、デザイン設計をした画像ファイルやPDFファイルを元に、実際のWebサイトの見た目デザインをブラウザ上に作り上げます。ツールは、テキストエディタやクラウド上の開発環境など様々です。サーバーやドメインを繋いでいなくても、Web上で実際どのような見た目に制作されているのか確認することができます。Webサイトで確認すると違和感のある点が出てくることもありますので、実装・確認、修正をしていきます。

Webサイトのコーディング作業

まとめ

Webデザイナーの仕事内容いかがでしたでしょうか?Webデザイナーと聞くと配色やデザイン性の強い仕事を想像しやすいですが、デザイン設計以外にも重要な仕事があります。依頼主とのやり取りからコーディング作業まで、一覧の流れをなんとなくでも理解して頂けたのであれば、嬉しく思います。

Written by ねねまる
現在フリーWebデザイナー・フリーライターとして活動しております。女性向け商品のLP制作/個人経営カフェのHP制作/女性向けのライフスタイル・デザイン・プログラミングの記事作成が得意です。

PICK UP NEWS