デザイン&クリエイティブ

【Photoshop基礎】未経験Webデザイナーが学ぶべきフォトショの基礎

「Photoshop」ってよく聞くけど、何をすることができるの?Photoshopの技術を学んでみたいけど、どこから始めていいのかわからない。そんな悩み持っていませんか?Photoshopの技術を学んでおくと、バナー制作・LP制作・サイト制作など様々な場面で使用することができます。この記事では、学習しておくと役に立つ4つの技術を紹介させて頂きます。

【Photoshop基礎】未経験Webデザイナーが学ぶべきフォトショの基礎

Photoshopとは?

PhotoshopとはAdobe(アドビ)社が提供している画像編集ソフトです。たまに「フォトショ」という言葉を耳にしたことがあると思いますが、この「フォトショ」がPhotoshopのことを表しています。Photoshopの画像編集ソフトでは、画像を切り抜いたり、テキストを追加したり、画像の色を変更したりすることができます。Photoshopは画面に慣れるまでが少し大変ですが、慣れてしまうと何度でも応用が効きますし、簡単に使用することができます。それでは早速手を動かしてみましょう。

Photoshopとは?

トリミング・画像の切り抜き

まず、画像のトリミングからです。トリミングとは、画像を切り抜きする技術のことを指します。トリミングを覚えておくと、クライアントから指定された画像サイズやブログに適した画像サイズで、画像を使用することができます。また、他画像と組み合わせるときにも、トリミングができると便利です。左のツールパネルから、切り抜きツールを選択すると画像のトリミングを行うことができます。また、サイズの指定も可能です。

トリミング・画像の切り抜き

画像の色調整

次に、画像の色調整です。左の画像ですが、上で見た画像と比べて緑の色が強くなっています。この画像の色調整は、[イメージ]→[色調補正]→[カラーバランス]で行われています。他にも[イメージ]→[色調補正]のメニューを開くと、白黒・色相・彩度の調整などを行うことができます。画像を明るく見せたり、暗く見せたりすることが可能になると、必要デザインに合わせた編集画像が可能になります。

画像の色調整

画像に写り込んだ余分な影を消す

次は、画像に写り込んだ影や人、斑点などを消す作業です。右の画像では、先ほどの写真の上部に写っていた植物の影を消しています。写真に写り込んだ余分なものを消すには、左のツールパネルにあるコピースタンプツールを使います。コピースタンプツールは画像内の要素をコピーすることによって、コピーした要素を貼り付けすることができます。なので、実質としては消すというより、埋め合わせをすることができるのが、このコピースタンプツールです。

画像に写り込んだ余分な影を消す

画像をぼかす

最後に、画像をぼかす作業です。対象となる人や物の周辺をぼかすことで、対象の存在をより強調することができます。今回はぼかしをわかりやすくするために、フラミンゴの顔をぼかしてみました。左ツールパネル上のぼかしツールで、画像をぼかすことが可能になります。左上にある少しぼやけた丸をクリックすると、ぼかしツールの大きさを調整することも可能です。

画像をぼかす

まとめ

Photoshopの技術覚えておくと、仕事だけでなくプライベートでも使用することができそうですよね。私も、LP・サイト制作のためにPhotoshopの技術を学習しましたが、自身のインスタグラムやブログでの画像編集も簡単にすることができるようになりました。他にもテキストを入れたり、文字を書いたり、長方形の図形を挿入することも可能です。今回は、よく使用する4つの技術を紹介させて頂きましたが、他にもより画像を美しく見せるための技術がありますので、気になったら調べてみてると技術力のupに繋がると思います。

Written by ねねまる
現在フリーWebデザイナー・フリーライターとして活動しております。女性向け商品のLP制作/個人経営カフェのHP制作/女性向けのライフスタイル・デザイン・プログラミングの記事作成が得意です。

PICK UP NEWS