Webサイト制作のデザインに「余白」が欠かせない理由

Webサイト制作のデザインに「余白」が欠かせない理由

KEYWORD
Webサイト
デザイン
余白
制作
副業

なんとなくコンテンツの情報が読みづらい、なんとなくこのWebデザインは息苦しい気がすると感じたことありませんか?「余白」がないデザインは、ユーザーにとって窮屈な印象を与えてしまい、情報も読み取りづらくストレスを与えることに繋がってしまいます。ストレスを感じるWebサイトをまた見たいとは思いませんよね。また、全体のデザインバランスが悪いと感じるときも、もしかしたら「余白」のなさが原因かもしれません。「余白」はWebデザインを制作する上で欠かすことのできない要素の一つなのです。この記事では「余白」がなぜWebデザインで重要なのかを解説していきます。

はじめて作るWebサイトでは、「余白」があると不安を感じてしまう

はじめて作るWebサイトでは、「余白」があると不安を感じてしまう

Webサイトをつくるとき、「余白」があるとついつい何かしらのデザインやコンテンツを入れてしまいたくなりませんか?はじめてWebサイトをつくるとき、「余白」があると不安を感じてしまったりするものです。「余白」を残してしまうと物足りなさを感じたり、デザイン性にかけるのでは?と考えてしまうこともあるかもしれません。しかし、その不安を一度押させて、Webサイトを利用する立場になって考えてみましょう。そうすると作っているWebサイトが詰まって感じたり、使いづらさに気がつくことができます。

  • 余白がないデザインは窮屈な印象を与えてしまう

    余白がないデザインは窮屈な印象を与えてしまう

    文字や画像などデザインの要素となるパーツが、数多く詰まっているとユーザーに窮屈さを与えてしまう原因となります。窮屈さを感じると、次に何の情報を得ていいのか、どこへ進んだらいいのかがわからなくなったり、情報を得ることそのものがストレスに感じてしまう可能性もあります。余白がないほどの要素が詰まっているということは、ユーザー にとってとても閲覧しづらいサイトになってしまうので、Webサイトの離脱へと繋がってしまうのです。

  • 区切りがわからないサイトは見づらい

    区切りがわからないサイトは見づらい

    Webサイト上には、様々な区切りがありますよね。例えば、メインコンテンツとサイドバーもそうですし、メインコンテンツ内でもh2とh3の見出しには区切りがあります。メインコンテンツとサイドバーの間、h2とh3のコンテンツの間に隙間がないとどう感じますか?どこまでがメインコンテンツでどこまでがサイドバーなのかが分からなければ、h2とh3のコンテンツもどこまで続けて情報を読んだらいいのかもわからなくなってしまいます。それぞれの分かれめに適切な「余白」を入れることで、ユーザーは無意識にどこまでがどのコンテンツなのか、区切りを把握することができるのです。

  • 余白があることでユーザーが認識をする余裕を与える

    余白があることでユーザーが認識をする余裕を与える

    例えば、主に文章で構成された情報コンテンツで、h3の文章から次のh3の文章に移る際に「余白」がないと、文章を読んでいるさいにどこで息つぎをしていいかわからなくなりませんか?息継ぎなしにWebサイト内の情報を取り込もうとすると、ユーザーにとってはWebコンテンツ内の情報が認識しづらくなってしまいます。TOP画像内も同じく、キャッチコピーの周りに情報が埋まっていると、肝心のキャッチコピーが頭に入ってこないですよね。「余白」はユーザーに認識をする余裕を与えるためにも欠かすことができない要素なのです。

  • 余白があることで文章にリズムを作ることができる

    余白があることで文章にリズムを作ることができる

    Webコンテンツを作る際、ランディングページや企業紹介のページなどで、ライティングをすることもあるかと思います。ライティングをするなかでも「余白」って重要なんです。文章内に「余白」があることで、文章にリズムを作ることができます。長文の文章を見るとき、文章間に「余白」がないとスクロールする速さに文字を読む速さがついていかないときがありませんか?ほど良い「余白」があることで、文章を読むときの「読んで→休んで→読んで→休んで」のリズムを作ってくれるので、スクロールをしたときにテンポよく読むことができるのです。

  • まとめ

    Webデザインに「余白」が必要な理由、いかがでしたでしょうか?Webデザインというと、色のあるデザインに趣きがいきがちですが、「余白」もデザインなのです。つくっているWebサイトに見づらさを感じたときは、「余白」が十分取られているかを確認してみると良いのではないかと思います。

Written by ねねまる

現在フリーWebデザイナー・フリーライターとして活動しております。
女性向け商品のLP制作/個人経営カフェのHP制作/女性向けのライフスタイル・デザイン・プログラミングの記事作成が得意です。