デザイン&クリエイティブ

スキマ時間でイラストを描いて副業にするコツ

趣味でイラストを描くのが得意!という人は、一度くらいはプロのイラストレーターのように仕事をすることを考えたことがあるのではないでしょうか。ですが、イラスト制作のために時間を取ることは、普段は別の仕事をしている社会人にとって容易なことではありません。とはいえ好きなイラスト制作。うまくスキマ時間を活用しながらでも、仕事にできたら素敵なことでしょう。そこで今回は、スキマ時間でイラストを描いて副業にするコツをご紹介していきます。

スキマ時間でイラストを描いて副業にするコツ

スキマ時間でイラスト副業をこなすのにはコツがいる

イラストを趣味としている人なら、イラストの制作には意外と時間がかかることはよく分かることでしょう。だからこそ仕事や家事の合間を縫って副業にしていくのは意外と難しいことです。スキマ時間でイラスト副業をこなすのには、コツをまず理解していきましょう。

スキマ時間でイラスト副業をこなすのにはコツがいる

自分が作業できる時間を把握する

スキマ時間を有効活用していくためには、まず自分の「限界」を知っておくことが大切です。「仕事があっても寝ずに頑張れば毎日制作の時間は8時間くらい取れるはず」と思ってしまう人も多いですが、これは明らかに失敗するパターンです。頑張った反動が必ず来て逆に時間がうまく取れなくなり、かえって作業効率は下がってしまうでしょう。自分が作業に割ける自分はどれくらいなのかを把握し、その中でできるイラストの仕事を探していくことです。

自分が作業できる時間を把握する

まずは簡単なイラスト制作の仕事を探す

自分にとってイラスト制作に割ける時間が分かったら、その中でできそうな簡単なイラスト制作を探していきましょう。ロゴや広告のデザイン、Webメディアのイラスト、SNSアイコン制作などは初心者でも受注できる可能性のある仕事です。報酬の相場は仕事内容によりけりですが、例えばSNSのアイコン制作を1000円で受注し、1か月に数回コンスタントに仕事をこなしていけるようになれば、毎月5000円前後の副収入になります。

まずは簡単なイラスト制作の仕事を探す

スマホでアイデア出しや制作をする癖を

普段から時間が限られている人は、通勤時間や休憩時間を利用して、普段からアイデア出しや簡単な制作を行っていくと良いかもしれません。帰ってきてデスクに向かってからどんなイラストが良いのか考え始めるのと、あらかじめアイデアやイメージを固めておいたうえでデスクに向かうのとでは、作業効率は明らかに変わってきます。

スマホでアイデア出しや制作をする癖を

スキマ時間で描いたイラストをSNSで発信

スキマ時間を活用してイラストの副業をしていくためには、まず自分が普段から作業に充てられる時間を把握しておくことが大切です。そのうえで気軽に始められる仕事を探しつつ、SNSでの発信などを仕事につなげていくことを心がけましょう。最初はイラストを描いても収入につながらず苦しいこともあるかもしれませんが、スキマ時間を活用し自分自身のスキルで仕事を取るということは普段から仕事につなげていく意識が大切なのです。

スキマ時間で描いたイラストをSNSで発信

Written by CHOCO*MINT
フリーランスのWEBライターとして執筆活動をしつつ、細々とイラストと漫画もかじっています。書くことも描くことも時間を忘れて夢中になれることです。

PICK UP NEWS