デザイン&クリエイティブ

スマホで始められる!イラストの副業4つ

現代は、イラストを描く副業を始めるうえでもインターネット環境は絶対に欠かせないものです。ですが、パソコンによるネット環境を用意することは現状難しい……という人も多いでしょう。これだけスマートフォンが普及した時代ですから、パソコンを持っていない人は意外とたくさんいるかもしれません。

スマホで始められる!イラストの副業4つ

パソコンがないならスマホでイラスト副業!

パソコンでネット環境を用意するのが難しい場合は、スマホだけで始められるイラスト副業を考えてみましょう。今やパソコン並みに便利な使い方ができるようになったスマホ。アプリやカメラをうまく活用して、スマホでイラスト副業を始めていきましょう。

パソコンがないならスマホでイラスト副業!

フリマアプリや専用サイトでイラストを売る

フリマアプリやオークションアプリ、もしくはイラスト販売専用サイトで自分の描いたイラストを販売するという方法です。フリマやオークションでは「自作イラスト」というジャンルで一定のニーズがあることは確かで、実際に月に数万円程度稼いでいる人もいるといいます。特にアナログイラストは一点物になるため、気に入られれば相当な値が付くこともあります。オークションやフリマでは原画をスマホで撮影→原画を送付というかたちで販売ができます。メルカリやヤフオク、ココナラ、イラストACなどが有名です。

フリマアプリや専用サイトでイラストを売る

LINEスタンプを売る

スマホのイラスト制作アプリ・写真加工アプリを使えば、LINEスタンプを作ることも可能です。スマホで制作する分多少手間はかかりますが、スタンプ自体に人気が出れば本業以上に稼げてしまうこともあります。イラストをスタンプにする方法が分からないというときは、専門のスタンプ制作会社に制作してもらったり、クラウドソーシングなどで制作ができる人を募ったりすることも可能です(ただし外注は先行投資がかなりかかるため副業には向かない場合も)。

LINEスタンプを売る

クラウドソーシングサービスで仕事を探す

スマホでタッチペンを使ってイラスト制作ができる人は、クラウドソーシングサービスでイラストの仕事を探すことも可能です。クラウドソーシングとは、仕事をしてくれる人を募集する個人・法人と、仕事を探す個人をマッチングさせるサービスのことです。実際に、クラウドソーシングを使って仕事を探すフリーランスのイラストレーターもたくさんいます。常に募集記事をチェックするようにしていれば、自分に合った仕事が見つかる場合も多いです。クラウドワークスやランサーズが有名です。

クラウドソーシングサービスで仕事を探す

SNSでイラストの仕事を募集する

SNSで直接呼びかけて、仕事を探すという方法もあります。TwitterやPixivなどのSNS、ブログなどでは積極的にイラスト作品を発表し、絵の仕事を募集してみましょう。イラストレーターを探している人の目に留まれば、自分にできる仕事の依頼がある場合もあります。常にSNSで作品を発表し続けることは、イラストのスキル向上にも繋がります。実際にSNSでイラストを発表し続けた結果、イラストレーターとして独立するに至った人も多いです。

SNSでイラストの仕事を募集する

まとめ

スマホでイラストの仕事ができることは、移動や仕事の休憩時間を使えることにもつながり非常に便利です。パソコンを持っていない人でも気軽に始められるでしょう。憧れのイラスト副業を、スマホからまずは始めてみてはいかがでしょうか。スキルや頑張り次第では、毎月のお小遣い以上の稼ぎに期待ができるはずです。

Written by CHOCO*MINT
フリーランスのWEBライターとして執筆活動をしつつ、細々とイラストと漫画もかじっています。書くことも描くことも時間を忘れて夢中になれることです。

PICK UP NEWS