デザイン&クリエイティブ

副業に最適!クラウドソーシングでイラストの仕事をつかむ秘訣

イラストの仕事を探すなら、やはり今の時代は「クラウドソーシングサービス」は欠かせません。

今までにイラストレーターとして仕事をしたことがない人でも、クラウドソーシングならスキルによってはいくらでもチャンスはあるものです。


今回は、クラウドソーシングでイラストの仕事をつかむ秘訣をご紹介していきます。

副業に最適!クラウドソーシングでイラストの仕事をつかむ秘訣

クラウドソーシングにもイラストの仕事はたくさんある

イラストの仕事といえば、イラストレーターの登録サイトに登録したりコンペに応募したり、もしくはSNSなどを通じて直接企業から依頼を受けたりなどのきっかけをイメージする人が多いかもしれません。

しかし今流行りのクラウドソーシングにも、ゲームや広告、Webメディア用などあらゆるイラスト制作の仕事はたくさんあるものです。


少しでも仕事をつかむチャンスを増やしていくことを考えるなら、クラウドソーシングもぜひ活用していきましょう。

クラウドソーシングにもイラストの仕事はたくさんある

まずはプロフィールを充実させよう

クラウドソーシングにおけるプロフィールページは、自己紹介、スキル、経歴などの情報が詰まったページです。

つまりその人がどんな人なのか、何ができる人なのか、見た人がすぐに分かるようなページにしておけることが理想的です。


プロフィールの情報が少ないと、

「積極的に仕事をする気がない人」

「情報が少ない=スキルがない」

と、とらえられてしまうことが多くなり、仕事を逃すきっかけに繋がります。

まずはプロフィールを充実させよう

自分にできそうな仕事には積極的に応募

イラストの仕事では、主にその人のスキルや実績が採否を分けることになります。


最初のうちはそのクラウドソーシング内での実績はない状態なので、まずは積極的に多くの仕事に応募して

「実績はないけれど仕事をお願いしたい」

と言ってくれる人を見つけることが重要です。


そして応募する際はスキルを示す材料としてポートフォリオを積極的に送ること、作品を発表しているSNSがあるならIDを伝えること、もし別での実績があるならそれも明記することを忘れないようにしましょう。

自分にできそうな仕事には積極的に応募

複数のクラウドソーシングに登録を

クラウドソーシングのサイトはたくさんあります。

複数のサイトに登録して、応募の数を増やしていくことは非常に大切です。

そしてこまめに新着の仕事をチェックし、できそうな仕事があればどんどん応募していきましょう。

複数のクラウドソーシングに登録を

ポートフォリオサイトを持つ

ポートフォリオサイトをあらかじめ持っておくと、自慢の作品をたくさん見てもらえるきっかけになり、依頼をもらうチャンスが増していきます。

SNSももちろん発表の場として有用ですが、SNSは日常の写真やつぶやきなども投稿されるため、見る側としてはどれが作品なのか探しづらいことが多いです。

その点、ポートフォリオサイトは作品が分かりやすく載っているため、見る側にとっても非常に親切です。

応募の際にポートフォリオとして何枚も画像を送るのには限界がありますし、そんなときはサイトを参照してもらうことを念押ししておくと良いでしょう。

ポートフォリオサイトを持つ

まとめ

イラストの副業で稼いでいくのなら、クラウドソーシングの活用は積極的に行うべきことの一つです。

一つでも仕事を受注すれば実績ができ、仕事はどんどんもらいやすくなっていきます。


まずはプロフィールを充実させ、たくさんの仕事に応募していくことをぜひ考えてみてください。

Written by CHOCO*MINT
フリーランスのWEBライターとして執筆活動をしつつ、細々とイラストと漫画もかじっています。書くことも描くことも時間を忘れて夢中になれることです。

PICK UP NEWS