デザイン&クリエイティブ

LINEスタンプは本当に売れる?副業として成り立たせるコツ

LINEスタンプを制作して販売する副業に注目している人は多いでしょう。

ルールを守って作成すれば、誰でもオリジナルのスタンプが販売できるLINEのクリエイターズスタンプ。
特別な資格や手続きも要らないので、副業としては手が出しやすいですよね。

ですがこのLINEスタンプ副業……本当に稼げるのでしょうか。

そして見込み通りに、副業として成り立たせることは可能なのでしょうか。

LINEスタンプは本当に売れる?副業として成り立たせるコツ

「埋もれやすい」のがLINEスタンプの実情

LINEのクリエイターズスタンプは非常に多くの数が販売されています。

そのため、副業として手を出す人はとても多く、実はただ書いて販売しただけではほとんど稼ぎにならないのが実情となっています。

たくさんあるスタンプの中に埋もれやすく、せっかくクリエイターズスタンプの審査をクリアしたのにも関わらずほぼ一度も売れていない…という人はかなり多いのです。

LINEスタンプを副業として成り立たせるには、コツを理解することが重要になります。

「埋もれやすい」のがLINEスタンプの実情

スタンプのターゲット層を明らかにする

まず、「どんな人に使ってもらえるようにして作ったスタンプなのか」、ターゲット層を明らかにするべきでしょう。

確かに万人受けするスタンプを作って爆売れすることに越したことはありませんが、LINEスタンプの数自体が飽和している今、大事なのはターゲット層を明らかにして確実にファンを作ることなのです。

スタンプのターゲット層を明らかにする

自分のスタンプならではのキャラクターを作り上げる

スタンプを購入してもらうのにあたって、大事なのはやはりオリジナリティ。

オリジナリティがなくどこかで見たようなデザインのスタンプは、目立つことなく埋もれていってしまいます。

しかし自分ならではのキャラクターやコンセプトがしっかりしているスタンプならオリジナリティもアップし、人の目にもとまりやすくなるでしょう。

埋もれやすい場所だからこそ、人の目を引くオリジナリティが大切になります。

自分のスタンプならではのキャラクターを作り上げる

SNSで宣伝する

オリジナリティがあってターゲット層が明らかになっていたとしても、実際にスタンプが奥の人の目にとまるまでにはそこそこ時間がかかります。

なるべくSNSを使って積極的に宣伝をし、そのスタンプのキャラクターの描きおろしイラストなどもSNSでは積極的にアップしていきたいところです。

するとSNSを通じてキャラクターのファンになってくれた人が、スタンプを購入してくれる…なんて流れも生まれてきます。

SNSで宣伝する

複数のスタンプを販売する

LINEスタンプを販売するのにあたって、パソコンやペンタブ、イラスト作成ソフトなどの環境がそろっていれば、基本的にこちらからお金を支払うようなことはありません。

つまり審査さえ通れば自由に販売することができるため、LINEスタンプを副業に考えるなら、なるべく複数のスタンプを販売することを心がけましょう。

複数販売することで人の目にも留まりやすくなりますし、同じキャラクターでシリーズを作れば、見た人の購買意欲をくすぐりやすくもなります。

複数のスタンプを販売する

まとめ

LINEスタンプは、ただ好きなキャラクターを描いて売るだけでは見込み通りに稼げないのが実情です。

だからこそ多くの人の目に留まるための工夫はある程度凝らさなければいけません。

LINEスタンプの販売を考えるなら、ぜひ以上のようなコツを理解して埋もれないための工夫をしていってくださいね。

Written by CHOCO*MINT
フリーランスのWEBライターとして執筆活動をしつつ、細々とイラストと漫画もかじっています。書くことも描くことも時間を忘れて夢中になれることです。

PICK UP NEWS