デザイン&クリエイティブ

副業イラストレーターに専門学校・美大の卒業資格は必須なの?

イラストレーターになりたい、副業でもイラストを描いていきたいと思ったとき、必要な資格やスキルについて気になる点が出てくる人は多いのではないでしょうか。
イラストレーターといえば、美大や専門学校の卒業資格。
副業だったとしても、これらの資格がなければイラストレーターになることはできないのでしょうか。

副業イラストレーターに専門学校・美大の卒業資格は必須なの?

イラストレーターに資格は必要ない

結論から言えば、副業でイラストレーターをやるうえで専門的な資格は基本的に必要ありません。

これは専業のイラストレーターでも同じです。
つまりまったく別の経歴を持っている人でもイラストが描ければ、イラストレーターになることはできるということです。

イラストレーターに資格は必要ない

専門学校や美大の卒業資格があった方が分かりやすい

ただ実際のところ、イラストレーターの募集要項に「美大・専門学校を卒業していること」と条件が掲げられていることもやはり多いです。

なぜなら、そのほうがスキルがある程度分かりやすいからです。
美大や専門学校を卒業していれば、一通りデッサンについては習ってきているでしょうし、CG技術もあるでしょう。

採用する側の心理としては、やはり美大や専門学校の卒業資格があった方が分かりやすくて良いのです。

専門学校や美大の卒業資格があった方が分かりやすい

色彩検定やCGクリエイター検定等の資格もあるが…

他にもイラストやデザイン関連の資格といえば、色彩検定やCGクリエイター検定、Adobeが実施するPhotoshopやIllustratorの試験もあります。

これらに合格すれば関連資格を取得することができるため、スキルを明示するときには役に立つでしょう。ただ実際のところは、これらのデザイン関連資格はイラストレーターの募集要項の条件に上がってくることもあまりなければ、持っていれば有利になるということも期待はあまりできません。

色彩検定やCGクリエイター検定等の資格もあるが…

さらに有利なのは実績

イラストレーターの仕事をするうえで大事になってくるのは、やはり実績です。

「〇〇会社で2年、キャラクターデザインを担当」といった実績があれば、実は専門学校や美大の卒業資格はあまり重視されないものです。

実際に、専門学校や美大を卒業していなくても、SNSなどで作品を発表しつづけた結果企業から声がかかり、イラストレーターとして仕事をして果てには独立する……というパターンの人も最近はたくさんいます。

さらに有利なのは実績

まずは少しでも実績を作ることを意識

では、実績、資格、美大や専門学校の卒業資格もないという人が副業でイラストレーターになるためにはどうすれば良いのでしょうか。

大事なのは、とにかくイラストスキルを磨いて仕事に応募し、少しずつでも実績を作っていくことです。

上のようにSNSでイラストをアップして多くの人に見てもらうというのも大事ですね。
イラスト業界は実力社会ですから、最終的には実績や産み出した作品が物を言います。

まずは少しでも実績を作ることを意識

まとめ

イラストレーターになるのに、美大や専門資格の卒業資格は絶対に必要なものではありません。

そのため、趣味として続けてきたイラストを仕事にするなら、資格にこだわらなくても問題はないのです。ただ、最終的に大事になってくるのは実績。
未経験でも挑戦できる仕事の募集を探してチャレンジすることを続け、まずは実績を作ることを意識していきたいところですね。

Written by CHOCO*MINT
フリーランスのWEBライターとして執筆活動をしつつ、細々とイラストと漫画もかじっています。書くことも描くことも時間を忘れて夢中になれることです。

PICK UP NEWS