デザイン&クリエイティブ

ペンタブに慣れる方法!液タブがないならまずは板タブに慣れよう

副業でクリエイティブな仕事をする人によって欠かせないツールが、ペンタブ(ペンタブレット)です。

もちろんアナログでペンを握り仕事をする人もたくさんいますが、最近はデジタル作画が主流の時代ですし、ペンタブが扱えてこそ仕事の幅が広がっていくといっても過言ではないでしょう。

しかし、ただアナログのペンがパソコンで使うペンになっただけ…と思っていると、その扱いづらさに四苦八苦するものです。

そこで今回は、ペンタブ慣れる方法を徹底的に解説していきたいと思います!

ペンタブに慣れる方法!液タブがないならまずは板タブに慣れよう

ペンタブに慣れるのは大変!?

デジタル作画がメインとなったこの令和の時代ですが、副業を始めるのにあたって、ペンタブを初めて使う…!という人も多いでしょう。

念のためにお伝えしておくと、ペンタブとは、ペン型のマウスのような役割を持つ機械のことを言います。これを専用の板の上で走らせることで、マウスよりもなめらかな線をパソコン上で描くことができます。

「マウスがペンになったのなら描きやすそう!」と楽観的に考えているのなら、まずは一度、その考えは捨てた方が良いでしょう。

確かにマウスよりペンタブは圧倒的に描きやすいですが、アナログでペンを走らせるのと比べると、ペンタブは非常に扱いづらいです。ペンタブにはペンタブの描き心地があるため、まずはそれに慣れることが必要になります。

ペンタブに慣れるのは大変!?

副業ならデジタル作画がやっぱりおすすめ

ペンタブが難しいならアナログでやればいいやと思っている人もいるかもしれません。確かに実際、デジタルがメインの時代とはいえ、アナログでイラストや漫画の仕事をしている人はたくさんいます。

ですが副業は本業との両立が基本となるため、何よりも「効率」を重視したいところ。その効率を求めるうえで、デジタル作画はやはり非常に便利です。

デジタルの場合、アナログよりもやり直しがききやすいこと、そしてデータのやり取りがしやすいことなどが効率の良さにつながってきます。時間のない副業イラストレーター・漫画家に、この時短は欠かせないものです。

つまり、副業でクリエイティブな仕事をする人こそ、ペンタブを使いこなす必要は十分にあるということなのです。

副業ならデジタル作画がやっぱりおすすめ

描きやすいペンタブといえば液タブだが…

アナログと同じような描き味でデジタル作画ができるツールといえば、液タブ(液晶ペンタブレット)があります。これに対して、従来のペンタブが板タブと呼ばれたりします。

画面の上にペンを走らせて直接描きこんでいけるため、液タブの描きやすさは板タブの比ではありません。正直、液タブがあれば、そこまで「慣れない…」と悩む必要もなくなるでしょう。

しかし液タブといえば、高価であることでも有名です。画面の狭い液タブで、海外メーカーのものは比較的安価なものが多いですが、それでも5万円前後はします。20インチを超える大画面の液タブの場合は性能も優れていますし、価格は20万円以上です。

液タブには正直手が出せないという人も多いでしょう。それならまずは、やはり板タブの方に慣れるしかありません。副業でしっかり稼いでいつか液タブを買うことを目標にしつつ、板タブに慣れていきましょう。

描きやすいペンタブといえば液タブだが…

ペン先を見る、そして毎日のように練習

ペンタブに慣れるうえで覚えておきたい基礎ですが、まずはしっかり画面を見たうえでペンを動かすことです。アナログの感覚で動かしていると、どうしても画面よりもペン先を見てしまうことが出てきてしまいます。

画面のカーソルの動きを見ながら、ペンを動かしていく、その感覚をしみつけることが大切です。その感覚に慣れるためにも、マウスを使うつもりで、作画をするとき以外にもペンタブでカーソルを動かす…ということをやってみるのも良いかもしれません。

また、絵を描くことは運動と同じで、基本的に練習をこまめにしていくことがスキルアップにつながります。それはペンタブに慣れるのもまったく同じです。

つまり、たまに触れるだけでは、当然ながらペンタブに慣れるのは遅くなってしまうということです。例えば週1回程度では、ずっと使いづらさを感じながらペンタブを動かしていくことになるでしょう。

毎日のようにペンタブに触れて、絵を描くこと、デザインすることを大切にしていきましょう。それがペンタブに慣れること、そして絵やデザインのスキルアップにつながります。たくさん描いて慣れること、数をこなすことがやはり一番の近道です。

ペン先を見る、そして毎日のように練習

線をなぞることも慣れることにつながる

ちなみに線をなぞるという方法を取るのもおすすめです。ただ単純になぞるだけの作業ですが、細かい線をたくさん引くことで、自然とペンの走らせ方を手が覚えていくはずです。

自分の目標としている人の絵の画像を持ってきて、イラストソフト上で開きます。その上から線をひたすらなぞっていきましょう。地味な作業ですが、何度かこなしていくと、実際にペンタブがうまく動かせるようになってきます。

また、どうしても慣れずうまくペンが動かせないという人は、まずはハードルを上げないことも必要なことでしょう。最初から細かい絵を描こうとしないことです。

簡単なキャラクターのイラストを描いたり、軽く落書きをしたりする感覚で、たくさん絵を描いていきましょう。比較的単純な線を描くことが慣れにつながる場合も多いです。

・毎日ペンタブで絵を描く
・ペン先を見ずに画面を見ることに慣れる
・線をなぞる練習をしてみる
・簡単な絵を描いて慣れる


このポイントに気をつけると、比較的ペンタブに慣れるのは早くなります。

ただ、それでもある程度きれいな絵が描けるまでには時間がかかるということは認識しておきましょう。新しいものに触れて、それを使いこなすまでは、やはり相当時間がかかるものです。地道に練習を重ねることを、ぜひ忘れないでくださいね。

線をなぞることも慣れることにつながる

それでもペンタブに慣れない!そんな時は…

どうしてもペンタブに慣れない!カクカクした線になってしまう…そんなときは、以下の対処を取ってみましょう。

①細かい線を描くのだけはアナログにする
どうしても繊細でなめらかな線が引けない場合は、一部の作業だけアナログにするといった方法もあります。例えば漫画の場合、下絵やペン入れまでは基本的にアナログで行っているという作家さんもたくさんいます。アナログで描いた絵をスキャン(もしくはスマホ等で撮影)→デジタルで色塗り・加工・仕上げといった工程にすると、アナログとデジタルのいいとこどりが出来てとても便利です。

②液タブを買う
板タブにどうしても慣れないなら、いっそのこと液タブを買うという選択肢もあります。確かに液タブは高価なツールですし、簡単には手が出せないものです。しかし今後の作業効率化を考えるなら、確かに勝っておいても損はないはずです。実際、初心者でも手を出しやすいリーズナブルな液タブもあります。副業を軌道に乗せるために、最初に設備投資をしっかりしておくことも大事なことです。

それでもペンタブに慣れない!そんな時は…

まとめ

ペンタブに慣れておけば、デジタル作画が非常にスムーズに行えます。初めてペンタブに触れる人はなかなかハードルの高さを感じるかもしれませんが、慣れてしまえば使い心地の良さをきっと感じられるでしょう。

まずは毎日ペンタブで描くことを意識し、地道な練習を重ねていくことです。ぜひペンタブをしっかり使いこなして、デジタル作画の仕事のチャンスをつかんでいきましょう。

Written by CHOCO*MINT
フリーランスのWEBライターとして執筆活動をしつつ、細々とイラストと漫画もかじっています。書くことも描くことも時間を忘れて夢中になれることです。

PICK UP NEWS