デザイン&クリエイティブ

副業Webデザイナーがクラウドソーシングで受注できる仕事内容

Webデザイナーとして副業するには、クラウドワークスを使うといいよ!とアドバイスを受けたことがあるけど、実際クラウドワークスではどのような仕事を受注することができるの?具体的な仕事内容ってどんな感じなの?と気になりませんか。そんなあなたにこの記事では、「Webデザイナーがクラウドソーシングで受注できる仕事内容」を詳しく紹介させて頂きます!

副業Webデザイナーがクラウドソーシングで受注できる仕事内容

クラウドワークスのお仕事は多種多様! Webデザイナーとして受注できる仕事内容

クラウドワークスにはプロ向けから未経験者向けまでたくさんのお仕事があります。そのため、Webデザインナーとしての仕事内容も多く存在するのです。ロゴ・アイコンなどのサイトを構成するパーツから、LP・サイト制作などサイトの本体となるものまで様々です。では、実際どんな仕事内容なのでしょうか?詳細の仕事内容からどのようなデザインが必要となるかまで、見ていきましょう!

クラウドワークスのお仕事は多種多様! Webデザイナーとして受注できる仕事内容

ロゴ・アイコン制作

まず、ホームページやサイトを構成するパーツとなるロゴ・アイコンです。ロゴ制作では会社や店舗のロゴ制作、アイコン制作ではWebサイトや企業のキャラクターのアイコン制作などがあります。ロゴ制作とアイコン制作については”コンペ”で募集のケースが多く、応募した中で選ばれた人だけ制作費用が振り込まれることになります。企業イメージを作る大切なロゴ・アイコン制作ですから、企業の事業内容・目指したい方向を意識して制作する必要があります。

ロゴ・アイコン制作

ECサイト用の画像制作

Amazonや楽天の出品ページで、商品画像のみでなくデザインが加えられた画像が使われていたり、商品ページをスクロールしていくと縦長の商品説明画像が使用されていたりしますよね?それが、ECサイト用の画像制作です。ECサイトの商品は、商品画像のみではなく、デザイナーが制作した画像やテキストによって売上の向上につながります。この画像によって売上が変わってきますから、より商品を売るための制作が必要です。

ECサイト用の画像制作

LPのデザイン設計

LP(ランディングページ)とは、主に新商品や期間限定の商品など特別に売り込みをするページとして使用されます。Googleのリスティング広告やFacebook広告からリンクされる縦長のページが、このページです。ランディングページもECサイトと同じく商品を売ることを主な目的としていますので、ターゲットを正確に定め、ターゲットが気を引くデザインを設計する必要があります。

LPのデザイン設計

Webサイトのデザイン設計

最後に、Webサイトのデザイン設計です。Webサイトとはニュースなどの情報サイトから、会社のイメージや事業内容を伝えるコーポレートサイト、物を販売するECサイトまで様々な制作が必要です。それぞれクライアントがどのようなサイトを作りたいのか、サイトのターゲットとなるユーザーは何をそのサイトに何を期待しているのかを考慮してデザイン設計をするといいでしょう。Java ScriptやPHPの技術が必要となってくるのは、これらのサイト制作と呼ばれるお仕事です。

Webサイトのデザイン設計

まとめ

副業Webデザイナーがクラウドソーシングで受注できる仕事内容いかがでしたでしょうか?Webデザイナーの仕事は、クラウドソーシングで考えただけでもたくさんありますよね。ロゴ・アイコン制作、ECサイト用の画像制作、LP制作、サイト制作、それぞれ求められているデザインも違えば、かかる工数も違ってきますから、自分にあった仕事を見つけることが副業をする上で大切なことなのではないかと思います。

Written by ねねまる
現在フリーWebデザイナー・フリーライターとして活動しております。女性向け商品のLP制作/個人経営カフェのHP制作/女性向けのライフスタイル・デザイン・プログラミングの記事作成が得意です。

PICK UP NEWS