デザイン&クリエイティブ

「描いてみた」でYouTuberになれる?副業としての可能性

最近話題の職業といえば、YouTuber(ユーチューバー)。

HIKAKINさんやはじめしゃちょーさんなど、人気のYouTuberは年収○億円クラスとも言われていて、動画投稿=単なる遊び、趣味とは言えなくなってきた世の中になりましたよね。

イラストやデザインなどのクリエイティブ関連のスキルがある人にとって、人気の「描いてみた」系の動画。

今回は、そんな「描いてみた」でYouTuberになれるのか、そして副業としてどれくらい可能性があるものなのか……そんな点について掘り下げていきたいと思います。

「描いてみた」でYouTuberになれる?副業としての可能性

副業でYouTuberにはなれる?

小学生が憧れる職業としてよく名前のあがるYouTuberですが、小学生のみならず、大人も多くの人が注目しているのは確かです。副業で動画を投稿してみたい、もしくは副業にしつつ、最終的には本業でもYouTuberになれたら……と考えている人も多いでしょう。


結論から言うと、副業でYouTuberになることは可能です。


実際、現在活躍中の人気YouTuberも「最初は会社員をやりながら動画を投稿していた」と言っている人はたくさんいますし、現時点で兼業をしているYouTuberも非常に多いです。


つまり副業としてYouTuberは成り立つものということです。


もちろん「動画編集が大変」「毎日動画を撮る余裕がない」などのきつさは生まれてきますが、やる気さえあれば十分副業として稼いでいくことができます。

副業でYouTuberにはなれる?

YouTubeにはさまざまな動画が投稿されている

YouTubeには、日々さまざまな動画が投稿されています。日常の「やってみた」系の動画や、あるテーマに対して一人もしくは複数でトークを繰り広げる動画、ゲーム実況系の動画、料理や趣味などのメイキングを写した動画、知識を共有する動画など、とにかくそのジャンルの豊富さは一言では語りつくせないほどです。


そんな多数のジャンルの中でも、クリエイティブ関連のジャンルとして、イラストや絵を描いている様子を撮った動画があります。やってみた、歌ってみた、踊ってみたなどの動画があるなら、いわゆる「描いてみた」の動画が存在します。


単純に絵を描いている様子をあげた動画もあれば、自分が実際に描いてみながら描き方を教えていく講座的な動画もあります。


絵やデザインを趣味としている人で、自分のスキルをもっと見てもらいたい、スキルに自信があるなどの気持ちを持っている人は、このような「描いてみた」などで副業YouTuberデビューしてみるのも、一つの選択肢としてはありですね。

YouTubeにはさまざまな動画が投稿されている

YouTuberはどれくらい稼げるのか

さて問題は、YouTuberはどれくらい稼げるのかという点ですよね。HIKAKINさんはじめしゃちょーさんなど、トップクラスのYouTuberを目指しているわけではないにしても、副業として成り立たせるには、ある程度の収入が見込めなければいけません。


まずはYouTuberはどのように稼いでいるのか、その収入の仕組みについて簡単に解説していきます。YouTuberの収入源は、大きく分けて2つあります。


①広告収入


1つ目は広告収入です。多くのYouTuberが、この広告収入によってたくさんの稼ぎを得ています。YouTubeで動画を再生していると流れる広告、もしくは動画の横に表示されている広告など、とにかくその動画画面に広告が表示されることで、投稿者であるYouTuberには広告収入が入ってくる仕組みとなっています。


よく言われているのは「動画1再生=約0.1円」という単価ですが、実際の広告収入がいくらになるのかは、結局のところ本人にしかわかりません。というのも、広告単価は変動しますし、その具体的な単価を明言することは禁止されているからです。このため、YouTuberを始める前はふわっとした情報しかつかむことができません。


しかしもし1再生0.1円という数字が基準となるなら、1万回再生されれば、1000円の広告収入が入ってくることになりますね。バズって100万回再生までいけば、収入は10万円にもなります。


②スポンサー収入


そして2つ目の収入は、スポンサー収入です。


「提供:○○(会社名など)」と書かれた動画を見たことがある人も多いかもしれません。それは簡単にいうと、企業などとYouTuberが提携し、動画内で商品やサービスなどを紹介することで得られる報酬です。


このスポンサー収入がメインで活動しているYouTuberも中にはいます。

YouTuberはどれくらい稼げるのか

「描いてみた」に需要はあるのか

最終的に大事なのは、「描いてみた」などの動画を投稿して、果たしてそれはたくさんの人に見てもらえるのかという点ですよね。


結論からいえば、相応のスキルがあれば、多くの人に見てもらえる可能性は十分あります。しかし先に厳しいことを言ってしまうと、大事なのは「相応のスキルがあれば」という条件。よほどイラストや絵の腕に光るものがなければ、コンスタントに再生数を稼ぐのは難しいかもしれません。


 


「描いてみた」を見たい人は、ただ暇な人ではなく、上手な絵のメイキングが見たい人、絵の勉強がしたい人などがほとんどです。「こんな上手な絵の人のメイキングが見れるなんて!ぜひ参考にしたい!」と思ってもらえるような人でない限り、稼ぎにつなげていくのはなかなか大変でしょう。


もしくは「え?そんな方法で絵が描けるの?」と面白い方法での描画スキルを披露できる人、他の人は知らないような作画マメ知識をたくさん教えられる人など……より突出したものが必要になるのは確かです。


というのも、最近は「既にYouTuberは飽和状態」「YouTube参入は遅い」なんて言われている時代です。それだけ多くの動画が投稿されているため、視聴者の目も厳しくなってきているのでしょう。

「描いてみた」に需要はあるのか

「描いてみた」だけでなく他の動画配信も考えてみる

もしクリエイティブ系ジャンルのYouTuberを副業として考えているなら、「描いてみた」だけでなく、画材やクリエイター用パソコンソフトやアプリ、周辺機器などの商品レビュー、自分なりの描き方レクチャーなど、さまざまな方面に手を広げてファンを増やしていくのもおすすめです。


そもそも動画投稿自体に興味があったのなら、「描いてみた」もやりつつ、クリエイティブ系ジャンル以外にも手を出してみるのもおすすめです。


また、動画の「バズり」はYouTube以外の場所がきっかけとなって起こる場合も多いです。その中でもSNSは有名ですよね。SNSで動画の一部を公開して注目を集めることができれば、YouTubeの動画自体も再生数はどんどん稼ぐことができます。YouTubeという枠にとらわれず、さまざまな方法で集客することも考えてみましょう。

「描いてみた」だけでなく他の動画配信も考えてみる

まとめ

YouTuberは、さすがは注目の職業、副業する仕事としてもよく話題にのぼりますよね。「描いてみた」などもアニメや漫画好きの人には好評の動画の一つで、凄腕のクリエイターさんの動画はたくさんの人に共有され、高い再生数を叩き出していきます。


もちろんそう簡単に成功するわけではありませんが、好きなことを楽しむ延長として、続けていく価値はあるでしょう。それが副収入として結果に出てくれば最高なものです。


自分のスキルを試したい、自分の絵を見てもらいたいなどの興味からYouTuberに関心を持っている人は、ぜひこれを機にチャレンジを始めてみてくださいね。

Written by CHOCO*MINT
フリーランスのWEBライターとして執筆活動をしつつ、細々とイラストと漫画もかじっています。書くことも描くことも時間を忘れて夢中になれることです。

PICK UP NEWS