デザイン&クリエイティブ

同人作家さん必見!その能力…イラストや漫画の副業に役立つかも

同人誌を描いている人は、昔からイラストや漫画を描くことが趣味で…という人が多いでしょう。

イラストが描ける、漫画か描ける……そんな能力を持っていることは、たとえプロではないにしても、とても素晴らしいことですよね。一朝一夕で身につく能力ではないでしょう。

そんな貴重な自分のスキルですから、何かしらの副業に役立つ可能性があります。

今回は、同人活動をしている人に向けて、おすすめの副業をご紹介していきます。

同人作家さん必見!その能力…イラストや漫画の副業に役立つかも

イラストや漫画が描けることはもっと誇るべき!

あくまで傾向のお話として聞いてほしいのですが、イラストや漫画を描くことを趣味とする人は、なぜか自己肯定感があまり高くないことが多いです。


「確かに絵は描けるけど、ただの趣味だし…」


「大したことない。自分よりもうまい人はごまんといる」


そんなふうに考えている人は多いかもしれません。


ですが、周りを見渡してみれば分かるように、イラストや漫画が描ける人はそう多くいるわけではありません。むしろ少ない方でしょう。学校のクラスの中でも、絵が上手と言われる人は、ほんの一握りでしたよね。


そんなレアなスキルを持っているわけですから、そのことはもっと誇るべきでしょう。


確かに自分より上手い人はいっぱいいると言えば、それまでです。ですが、どんな業界においても、自分よりも優れている人はたくさんいますし、ここで重要なのは自分に対する相対評価ではなく絶対評価なのです。


貴重な能力を持っているということは、替えがきかないということ。つまり他の人ができないような仕事ができる可能性があるということなのです。それを副業に活かせるチャンスは、十分にあります。

イラストや漫画が描けることはもっと誇るべき!

同人活動をしている人には副業のポテンシャルがある?

同人活動をしている人の9割以上は、専業の同人作家ではなく、別で仕事をしながらの兼業作家だといいます。平日は普通に会社で仕事をし、仕事後の夜や休日をがっつり使って原稿を描いています。


残念ながら同人活動が黒字になっている人はほとんどいないのが現状です。利益は考えず、あくまで趣味として楽しむのが同人活動の醍醐味というものでしょう。


そしてこの仕事をしながら同人誌の原稿を描くという構図……まるで副業をしている人のようですよね。しかも利益はほぼなしでその活動ができるわけですから、そのモチベーションたるや相当なものです。


つまり同人活動をしている人には、すでに副業をするポテンシャルがあるということ。


実は副業は、「始めてみたものの、なかなか続かない」という人が非常に多い傾向にあります。本業の仕事がある傍ら、コツコツ副業を続けていくのは、なかなか根気がいるということです。


しかし同人作家さんには、「仕事をしながら別のことをする」という生活スタイルがすでにしみついています。もちろん副業を始めるかどうかは本人が決めることですが、もし始めるなら、うまく続けていけるポテンシャルはすでに備わっている可能性があります。

同人活動をしている人には副業のポテンシャルがある?

副業で稼げれば「印刷代」や「遠征費」の足しになるかも

もし副業で稼ぐことができれば、同人誌の印刷費や、コミケへの遠征費に活用できるかもしれません。


同人活動、オタク趣味を続けていくのには、何かとお金がかかります。コンスタントに活動していてファンも多い人気作家さんなら、印刷代に何十万とかかることもあるでしょう。


今までの売上でなんとか回しているにしても、もしプライベートで何かしらの出費がかさめば、お金がなくて困ることも出てきます。そんなとき副業で稼ぎがあれば、少しは足しになるかもしれません。


また、イベントに遠征するためのお金になるかもしれないのも、嬉しいところです。

副業で稼げれば「印刷代」や「遠征費」の足しになるかも

自由度の高い副業なら本業と同人とうまくこなしていける

「でも本業にプラスして副業も始めたら、原稿の時間がなくなるかも……」と不安に思う人も多いですよね。そんなときはぜひ、自由度の高い副業で本業と同人をうまくこなしていける道を見いだしましょう。


確かに、副業も「毎日2時間」と決まっているものだったとしたら、本業と同人活動とあわせてこなしていくのはなかなか大変ですよね。


いくら収入につながるにしても、原稿の時間は減ってしまいますし、日常の疲れを取る時間はさらに減ってストレスは溜まる一方でしょう。


副業にもさまざまなかたちがあります。いわゆるダブルワークのようなかたちで別でアルバイトをするのも副業といえますし、空いた時間を使って自由に仕事を見つけるかたちも副業です。


忙しい同人作家さんには、後者の自由に仕事を見つけるタイプの副業が向いているといえるでしょう。原稿の締め切り前は仕事はせず、余裕があるときに仕事を見つけていきます。近年は副業にもさまざまな形態や方法があるため、このように自由度の高い副業を見つけることは十分可能なのです。

自由度の高い副業なら本業と同人とうまくこなしていける

おすすめの副業①イラストを売る

手軽にできる方法として、イラストを売るという方法があります。ネットのフリマアプリやオークション、販売サイトを通じて、絵やイラストを売っている人は実はたくさんいます。


絵を売るというかたちなら、自分の好きな時間に好きなように売ることができます。誰かから仕事を依頼されて……というかたちではないため、納期もありません。自由にちょこちょこお小遣い稼ぎがしていきたいという人にはぴったりの副業になるでしょう。

おすすめの副業①イラストを売る

おすすめの副業②クラウドソーシングやフリマで仕事を受注する

少し本格的に副業にしていきたい人は、クラウドソーシングやフリマなどを通じて、イラストや漫画の仕事を受注してみましょう。


クリエイターとしてサービスに登録し、希望の仕事があった際には応募し、採用されれば仕事が発生します。仕事の内容は1枚の簡単なイラストから数十枚にも及ぶ大きな仕事までさまざまで、広告・挿絵・ゲームなどジャンルも多岐にわたります。


有名なサービスは、クラウドワークスやランサーズ、ココナラなどがあります。


実績を積めば、自分から応募しなくてもスカウトが来る可能性もあり、それが大きな仕事のチャンスにつながる場合もあります。

おすすめの副業②クラウドソーシングやフリマで仕事を受注する

おすすめの副業③LINEスタンプを売る

LINEスタンプもおすすめの副業の一つです。LINEスタンプも絵を売るのと同じで、自分の好きなタイミングで好きに売ることができるため、時間に縛られることがありません。本業・同人活動ともあわせて継続がしやすいことがメリットとなります。


LINEスタンプは、何も宣伝していないとたくさんあるクリエイタースタンプの中で埋もれやすいのが難点なので、SNSで「スタンプ作りました」と宣伝したり、たくさんLINEスタンプを作ることでファンを作ったりすることが大切になってきます。


ただ、一度作ってしまえば、ある程度放置していても収入につながる可能性があるため、続けやすい副業としてはおすすめです。

まとめ

同人活動をしている人は、ぜひそのポテンシャルを漫画やイラストなどの副業に活かしてみてください。今の時代は、誰でも気軽に副業を始められる時代なので、持っているそのスキルはきっと役立つはずですよ。


気軽な副業を始めたおかげで、あなたの同人ライフに少しでも潤いがプラスされますように。

Written by CHOCO*MINT
フリーランスのWEBライターとして執筆活動をしつつ、細々とイラストと漫画もかじっています。書くことも描くことも時間を忘れて夢中になれることです。

PICK UP NEWS