デザイン&クリエイティブ

コーディングの副業を始めるときの注意点とは?役立つサイトも紹介

コーディングの副業は、web制作の知識・スキルを持つ人にとってぜひ積極的にチャレンジしておきたい仕事の一つです。コーディングの仕事はHTML・CSSの知識を持つ人なら、十分な副収入につなげられる可能性があります。

しかしコーディングの副業を始めるなら、どのようなリスクや注意点があるのか、事前に詳しいポイントを見ておきたいところです。特に「知識はあるけど経験はなくて…」という未経験者・初心者の場合は、コーディング副業における注意点に理解を深めておくことは非常に重要です。

そこで今回は、コーディングの副業を始めるときの注意点を解説しつつ、仕事を探すうえで役立つサービスを紹介していきます。

コーディングの副業を始めるときの注意点とは?役立つサイトも紹介

コーディングの副業とは?仕事内容を整理しておこう

HTML・CSSのコーディングを行う仕事では、主に完成済の指示書に沿ってコーディングをしていきます。


そのため副業でコーディングの仕事を受けていくためには、基本的にHTML・CSSの知識・スキルが必要となります。未経験でもスキルさえあれば受注は可能ですが、傾向としてはやはり経験者の方が仕事は取りやすいでしょう。初心者でコーディングを副業として成り立たせていくには、最初はしばらく仕事が取れないことも考慮しておく必要があります。


報酬が高く設定されているコーディングの仕事を副業として受注していくことも可能です。基本的に高単価の仕事はwebデザインも業務に含まれることが多く、受注する際にはデザインスキルや画像編集スキルも含めた幅広い知識が求められることも少なくありません。


ただ、コーディングの仕事は、ネットの普及の影響もあって需要が高まっています。経験があることに越したことはありませんが、初心者でも十分チャレンジできる可能性は持っているため、HTML・CSSなどのweb制作スキルがある人はぜひ積極的に仕事を探していきたいところです。

コーディングの副業とは?仕事内容を整理しておこう

コーディングの副業の相場をチェックしておこう

一口にコーディングの仕事と言っても、サイト制作のどこからどこまでの工程を担当するのか、どれくらいのページの仕事を受注するのか、規模は案件ごとに違ってきます。


そのため一概に〇〇円と相場を決めることは難しい傾向にありますが、参考までに相場を見ておくと、簡単な修正や更新作業の仕事の場合は10000円前後が目安となります。また、すでに出来上がっているサイトに新規でページを追加したり、大幅にリニューアルを行ったりする場合は、20000円~50000円程度の報酬が相場になってきます。


さらに、新規で複数ページあるwebサイトを立ち上げる場合のコーディング依頼は、50000~100000円前後の費用になることも珍しくなくなってきます。そこにコーディング作業だけでなく、デザイン作業などの別業務も加われば、さらに単価アップが見込めるでしょう。


このため、コーディングの仕事をコンスタントに受注できれば、数万円~100000円ほどの副業として成り立たせることは十分可能といえます。これはスキルさえあれば初心者でも例外ではないため、自分にできそうな仕事を見つけたら、ぜひ積極的に応募していきたいところです。

コーディングの副業の相場をチェックしておこう

注意点①にわか仕込みのあいまいなスキルで稼ぐのは難しい

「趣味でブログをちょっとかじっていたから、少しならHTML・CSS、WordPressもわかる。それならコーディングの副業もやれるかな?」という人も多いかもしれません。しかしコーディングの仕事を本格的に副業として受注していくなら、できるだけ知識・スキルはしっかりと習得しておくことをおすすめします。


というのも、にわか仕込みの状態では、クライアントのさまざまな指示に対応できない可能性があるからです。趣味で必要になったことを調べて覚えることと、仕事で稼ぐために覚えることはやはり違います。


そのためコーディングを副業としてしっかり成り立たせるためには、独学でもスクールでも、知識・スキルはしっかりと習得しておくようにしましょう。その方が、高い報酬の案件にも挑戦しやすくなります。

注意点①にわか仕込みのあいまいなスキルで稼ぐのは難しい

注意点②web制作関連のスキルは幅広く持っておくのがベスト

コーディングのみを行う仕事も少なくはありませんが、より仕事を受注しやすくするには、web制作に関する知識・スキルは幅広く持っておくことに越したことはないでしょう。HTML・CSSの知識は最低限必要として、そのほかに持っておくと良いスキル・知識としては、


・JQuery


・Javascript


・HTML5


・Photoshop


・Illustrator


・UI/UX設計


・SEO


例えば以上のようなスキルがあげられます。このようなスキルを持っておくと、単純なコーディングだけでなくデザインなどの作業にも携われます。仕事の幅が広がるため、コーディングの副業で仕事を受注する傍らで、ぜひスキルはたくさん習得していきましょう。

注意点②web制作関連のスキルは幅広く持っておくのがベスト

注意点③さまざまな仕事の探し方を検討しないとライバルに負ける場合も

コーディングなどのweb制作関連の仕事は数も多いですが、その分副業・本業として受注している人の数も近年は増えてきています。そのため特に初心者の場合は、スキルはしっかりあってもなかなか仕事が受注できないことも多いです。むしろ経験者でも、よりスキル・経験が豊富なライバルに負けてしまうことも少なくありません。


そのためコーディングの副業で稼いでいくためには、仕事を少しでも取りやすくするためにも、複数のクラウドソーシングに登録するなどしてさまざまな仕事の探し方を検討したいところです。

注意点③さまざまな仕事の探し方を検討しないとライバルに負ける場合も

コーディングの副業を始める際に役立つ学習サイト

コーディングの副業を始めるのにあたって、HTML・CSSなどの知識・スキルは必要不可欠です。知識が足りていない人は事前に学習して知識をつけることが必須となりますが、「そうは言ってもプログラミングスクールはお金がかかるし…」と困っている人も多いでしょう。


そんなときチェックしておきたいのは、コーディングの勉強に役立つ学習サイトです。以下に無料もしくは格安で利用できるおすすめの学習サイトをまとめているので、副業を始めるのにあたって知識をつけたい人はぜひ積極的にチェックしてみてください。


 


Progatehttps://prog-8.com/


一部は無料で利用でき、有料でも月額980円という安さで利用できるのがポイントのプログラミング学習サイトです。見やすいデザインで利用しやすく、たくさんの分野を学べるのがポイントです。ほとんどコーディングの知識がなく、まずは基礎的なことを学びたいという人にもおすすめです。


 


Udemy


Udemyはオンラインで受講できるプログラミング学習サイトです。アメリカ発のサービスですで10年以上運営されている歴史を持ちます。そのためユーザーの数は多く、全世界で1500万人もの人がUdemyを利用しているといいます。さまざまなビデオ学習コースをリーズナブルな価格で利用できます。


 


schoo


schooも一部無料で利用できる学習サイトです。プログラミングだけでなく仕事に役立つさまざまな学習講座が開講されており、有料でも月額費用は980円なのでとてもリーズナブルなのが魅力です。無料の場合は動画の最初の部分をお試しで視聴できるようになっているため、お試しで内容をチェックして魅力を感じた際にはぜひ利用していきたいところです。

コーディングの副業を始める際に役立つ学習サイト

まとめ

コーディングの副業には経験者だけでなく初心者でも挑戦できるチャンスがあり、案件次第では毎月数万以上の副収入につなげることも可能です。


スキルさえあれば稼げる副業として注目度は高いため、注意点は理解したうえで、ぜひ挑戦を考えていきましょう。


コーディングを含むweb制作知識は持っておいて損はないため、これからスキルを習得して挑戦するのももちろんおすすめです。

Written by CHOCO*MINT
フリーランスのWEBライターとして執筆活動をしつつ、細々とイラストと漫画もかじっています。書くことも描くことも時間を忘れて夢中になれることです。

PICK UP NEWS