デザイン&クリエイティブ

サイト制作の副業を始めたい!メリットとデメリットには何がある?

サイト制作の副業は、近年多くの人に注目されている副業の一つです。サイト制作をはじめとしたweb制作関連の仕事は需要が高まっており、仕事を探そうと思えば多くの案件が見つかります。実務未経験の人でも、サイト制作のスキルや知識があれば、仕事のチャンスは十分にあります。

しかし副業にもさまざまなものがあるため、サイト制作の副業を始めるなら、メリットやデメリット、注意点などを前もってチェックしておきたいところです。

そこで今回は、サイト制作の副業におけるメリットとデメリットを詳しく紹介していきます。

サイト制作の副業を始めたい!メリットとデメリットには何がある?

サイト制作はおすすめの副業だがメリット・デメリットはよく見ておこう

副業を考えている人でHTMLやCSS、WordPressなどの知識・スキルがある場合は、サイト制作の副業がまず選択肢に上がってくるでしょう。近年はあらゆる種類の副業が注目されていますが、サイト制作の副業も人気の副業の一つです。ネット環境が普及したからこそ、サイト制作の仕事へのチャレンジしやすさは年々増しているといえるでしょう。


しかしサイト制作の仕事に副業としてチャレンジする際には、必ずしも嬉しいポイントばかりではないため、必ずメリットとデメリットをチェックしておきたいところです。人によっては向き不向きも当然あります。


以下のメリットとデメリットを整理したうえで、自分に向いているかどうかを確かめ、サイト制作の仕事を見つけていきましょう。

サイト制作はおすすめの副業だがメリット・デメリットはよく見ておこう

メリット①在宅で家事や育児とも両立させやすい

サイト制作の仕事は基本的にパソコンに向かないながら行う仕事になるため、副業で始める場合は在宅ワークになることがほとんどです。そのため家事や育児とも両立しやすく、時間をうまく使えば本業とも良いバランスでこなしていけることに期待が持てます。


そのためパートに出るのではなく、家事や育児をこなしながらサイト制作の仕事を自宅で受注している主婦もたくさんいます。

メリット①在宅で家事や育児とも両立させやすい

メリット②仕事の件数が多い

サイト制作などのweb制作関連の仕事は、ネット社会になった今だからこそ需要が高まっています。そのため比較的仕事を見つけやすく、もともとスキルや知識、経験があった人なら簡単にクラウドソーシングなどで受注することもできます。


また、もちろん経験者でなくても、スキルさえ伴っていれば、もちろん初心者でもチャレンジすることは可能です。応募したクライアントに自分のサイト制作やデザインのスキルをアピールできれば、実務未経験でも受注につながる可能性は十分にあるといえるでしょう。

メリット②仕事の件数が多い

メリット③web制作スキル・経験は持っておいて損がない

サイト制作を副業として成り立たせるためには、HTML/CSSWordPressJavascriptなどの専門知識・スキルが基本的に必要になります。そのためこれらのスキルがまったくない状態で始める場合はまずスキルの習得から必要になってきますが、そもそもサイト制作スキルは、昨今、持っておいて損のないスキルの一つです。


プログラミングなどのIT知識・経験を積んでおけば、本業の方でもキャリアアップにつながる可能性は十分あります。ITに詳しい人材の需要は、これからの社会において、どのような業種・職種でも増していくと考えられます。

メリット③web制作スキル・経験は持っておいて損がない

メリット④一件ごとの単価は比較的高い

サイト制作の一件ごとの単価は、比較的高く設定されている傾向にあります。もちろん具体的にどのような仕事を受注するかにもよりますが、サイト制作の仕事を受注した際の単価は一件ごとに最低でも10000円~が相場となっており、大規模なサイト制作依頼を受けた場合は10万円以上の収入につながることもあります。


もちろん単価が高い分片手間で済む仕事ばかりではありませんが、なるべく稼げる副業を見つけるなら、サイト制作の仕事は選択肢の一つに入ってくるでしょう。副業としてwebデザインやコーディングの仕事を受注し、毎月数万円以上の収入を得ている人も少なくありません。

メリット④一件ごとの単価は比較的高い

デメリット①あらかじめスキル・知識は必要になる

では続いてデメリットに移っていきますが、デメリットとしてまず一番に見ておきたいのは、スキルや知識が必要となるポイントです。そもそもスキルが要る時点で、スキルや知識のない人からすれば、ハードルは非常に高いといえます。


基本的にクラウドソーシングなどで募集されているサイト制作の仕事は、スキル・知識が備わっていることが大前提です。経験があればなおさら良いでしょう。サイト制作の仕事は稼げる副業の一つとして注目度は高いですが、知識・スキルがない場合、最初に学習が必要という意味ではそこまで気軽なものではないのも事実です。


 

デメリット①あらかじめスキル・知識は必要になる

デメリット②事前にスキルをつけるとなると学習費用がかかる

サイト制作を副業として始めるのにあたって、サイト制作のスキルを事前につけるとなった場合は、それなりに学習費用もかかります。独学でも学習は可能ですが、やはり教材としてプログラミングやデザイン関連の書籍などは必要になってくるでしょう。


もしプログラミングスクールなどで学習するとなったら、受講費として10万円以上の費用がかかります。これを3か月受講するとなった場合は、教材費もあわせて40万円前後の費用が必要になってきます。


プログラミングスキルは持っておいて損のないスキルであることは間違いありませんが、スキルをつけるのは、費用的にも時間的にもそこまで気軽なものではないということは覚えておきましょう。

デメリット②事前にスキルをつけるとなると学習費用がかかる

デメリット③初心者はなかなか案件が取れない場合も

サイト制作の案件を初心者が受注するのは、そこまで簡単なことではありません。どの業界においても言えることですが、スキルはあってもやはり経験者の方が優先されることは多く、仕事を安定的に取れるまでには少々時間がかかる場合も多いです。


仕事の募集自体はたくさんありますが、たくさんあるからといって初心者でも気軽に受注できるわけではないことは認識しておきたいところです。

デメリット③初心者はなかなか案件が取れない場合も

デメリット④一つひとつの案件に気軽さがないと感じられることも

サイト制作の仕事は案件ごとの単価が高いことも多く、それはやはり決して気軽とはいえない仕事だからです。たとえば新規サイトの立ち上げや既存サイトの大規模リニューアルの仕事を受ける場合は、デザインやコーディングも含めて非常に時間がかかります。


そのため時間のやりくりに失敗すると、本業や家事育児などとあわせてこなしていくのに大変さを感じることも少なくありません。そのため副業としてサイト制作の仕事を受注する際には、自分が副業に避ける時間を考慮したうえで、受注する案件の規模を考えていく必要があります。

デメリット④一つひとつの案件に気軽さがないと感じられることも

まとめ

サイト制作の仕事は近年注目されている副業の一つで、クラウドソーシングの普及などもあいまって、副業でサイト制作の仕事を受注している人は数多くいます。スキルや知識を必要とするのは確かに大変なポイントの一つですが、逆にスキルさえあれば、副業でも高収入につなげられる可能性を持つのは大きなメリットになるといえるでしょう。


サイト制作の副業を始める際には、以上のようなメリットとデメリットをまずよくチェックしておきましょう。そのうえでチャレンジしてみたいと感じたら、クラウドソーシングなどを活用して挑戦できそうな仕事を見つけてみてください。

Written by CHOCO*MINT
フリーランスのWEBライターとして執筆活動をしつつ、細々とイラストと漫画もかじっています。書くことも描くことも時間を忘れて夢中になれることです。

PICK UP NEWS