税金・税務・財務・資産運用

資産運用とは?

銀行の金利が低く、将来の先行きが不透明な今の時代、果たして貯金をするだけで老後を健やかに送れるだけの資産を築くことは出来るのでしょうか?一般的に、3000万円あれば老後を過ごせるなどと言われていますが、現実問題として3000万円では足りないでしょう。資産運用の魅力とは、運用に成功すると、貯金する以上の利益を得ることができることです。

資産運用とは?

資産運用の魅力とは?

資産運用とは、現在保有している現金などの資産を運用することで、利益の増加を期待することです。不動産を保有している方であれば、その不動産を他人に貸し出すことで、賃料を得ることができるのですが、これこそがまさに資産運用の典型です。資産運用を始めれば、仕事で得られる収入とは別の収入源を確保することができます。今の給料では老後までに資産を蓄えられないという悩みを抱えている方が資産運用を始め、成功すると、将来の自分に残せる資産を増やすことができるでしょう。

資産運用の魅力とは?

資産運用を始めた方が良い理由とは?

資産運用は、やらないよりも、やった方が良いでしょう。特に将来もらえる年金の額が心配という方や、所得が低くてなかなか貯金がたまらないという方ほど、運用を始めた方が良いです。仮に20歳から働き、60歳で引退するとして、その間には40年もの月日があります。この40年間に、年利5%の運用商品に投資をするか、まったく投資をしないでは、将来的に得られる利益に大きな違いがあるでしょう。簡単な計算になりますが、年利5%で、10万円から投資を始めると、40年後には複利効果が働くことで、10万円の資金は70万円まで増えます。しかし、投資をしないと、このような利益は得られません。

資産運用を始めた方が良い理由とは?

複利とは?

資産運用の醍醐味は複利にあります。複利とは、利息が利息を生み出す構造のことで、資産運用で得た利益を再投資に回すと、この複利効果が働くことで、より多くの運用益を期待することができます。例えば、元金が100万円で、年利が5%の場合、1年後には100万円が105万円まで増えます。この増えた5万円を元金に組み入れると、2年目には資産が110万2500円まで増えます。3年目には、115万7625円まで増え、これは当初の100万円に対して15.7625%の利回りです。資産運用で複利効果を働かせることができると、まさに雪だるま式で資産が増えていきます。

複利とは?

資産運用のリスクとは?

資産運用は、確かに成功すると、将来多くの資産を残すことができるでしょう。そればかりか、仕事を引退した後であっても、資産運用を継続することで、定期的な収入を得ることが可能です。その反面、価格変動リスクや為替変動リスク、そして元本割れリスクなど、様々なリスクが存在します。せっかく資産運用を始めても、失敗してしまっては意味がありません。このようなリスクに対して、どのようなアプローチが有効なのでしょうか?

資産運用のリスクとは?

元本保証とは?

確かに資産運用には、元本割れのリスクが付きものです。もしも元本割れのリスクを避けたいなら、元本保証されている運用商品を選択しましょう。元本保証とは、その名前の通り元本を保証している運用商品のことです。例えば銀行預金などがまさにそれです。もっとも、銀行預金は金利が低いので、別の商品を選んだ方が良いでしょう。銀行預金を除き、元本保証されている運用商品というと、個人向け国債や地方債、社債、貯蓄型保険などがあります。他にも、公社債投資信託など、元本割れリスクの低い運用商品を選択することで、元本割れのリスクを回避できるでしょう。

Written by グレーテル
光回線の訪問営業を経験後、現在はWEBライターとして独立して活動中です。
主な執筆テーマはFXや株などの資産運用です。仮想通貨の記事についても執筆しています。
執筆活動の傍らで投資活動も行っています。普段はビットコインなどを対象にしたFX取引を行っています。短期投資をする際には、テクニカル分析を使用したトレードを実践しています。

PICK UP NEWS