株式投資とは?

株式投資とは?

KEYWORD
株式投資
資産運用

資産運用といえば、株がもっとも有名でしょう。ただ、株に投資をするとして、どのように運用すれば利益を出せるのでしょうか?今後値上がりする見込みの高い株はどうやって見つければ良いのでしょう?確実に値上がりが期待できる株はあるのでしょうか?

株式投資の利益とは?

株式投資の利益とは?

株式投資の利益というと、まずは株価の値上がりによって生じる利益があります。これは株を購入した後に値上がりが発生することで得られます。株式投資にはこのようなキャピタルゲインとは別に、配当金や株主優待などのキャピタルゲインがあります。配当金とは、企業が利益の一部を株主に還元してくれるお金のことで、権利確定日まで株を保有することで得ることができます。株主優待とは、配当金とは別に企業が株主に贈る商品やサービスのことです。優待の中には豪華な賞品もあるため、優待狙いで投資をする人もいます。

  • 割安な株の見つけ方とは?

    割安な株の見つけ方とは?

    株式投資でキャピタルゲインを稼ぐためには、現在割安な株を見つける必要があります。この割安な株を見つける方法として、ファンダメンタルズ分析という手法があります。ファンダメンタルズ分析とは、企業の決算情報や財務状況などを参考に、将来の株価を分析する手法のことです。株が割安かどうかを示してくれる指標として、PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)などがあります。これらの数値を参考にすると、割安な株を見つけることができます。

  • 株式投資のデメリット

    株式投資のデメリット

    株式投資は成功すると、短期間でも大きく稼げる分野です。しかし、デメリットもあります。まず、初期コストが高いという短所があります。株といっても銘柄によって価値が異なります。特に、大企業の株ともなると、初期コストが高くなりやすいです。満足のいく環境で株式投資を始めようと思ったら、最低でも10万円以上はあった方が良いでしょう。銘柄によっては10万円未満でも購入できることもあるのですが、少額の銘柄というのは人気が無く、利回りが低いことが多いので、あまりオススメはできないです。

  • 少額からでも株式投資を始める方法

    少額からでも株式投資を始める方法

    株式投資のデメリットは初期コストが高いことなのですが、実はこのデメリットを解消できる制度があります。それが単元未満株です。単元未満株とは、1単元よりも少ない株数でも売買可能な株のことです。この単元未満株の制度を利用することで、本来であれば高額の資金がないと売買できなかったはずの株を、少額からでも売買することができます。少額から株式投資を始めたいのであれば、単元未満株の制度を利用してみましょう。

  • テクニカル分析のメリット

    テクニカル分析のメリット

    株式投資には、企業の財務状況や決算の情報などを参考に将来の株価を予測するファンダメンタルズ分析とは別に、テクニカル分析と呼ばれる手法があります。テクニカル分析では、株価のチャートを参考に今後値上がりするのか、それとも値下がりするのかを予測することになります。このテクニカル分析ができるようになると、企業の財務について詳しくなくても株価を予測することが出来るようになる他、デイトレードのような短期売買ができるようになります。株のデイトレードができるようになると、1ヶ月から1年と待たずとも、その日のうちに利益を獲得することができるでしょう。その反面、1日で損失が出るリスクもあるので、デイトレードを始めるのであれば、必ずやり方を習得してから行いましょう。

Written by グレーテル

光回線の訪問営業を経験後、現在はWEBライターとして独立して活動中です。
主な執筆テーマはFXや株などの資産運用です。仮想通貨の記事についても執筆しています。
執筆活動の傍らで投資活動も行っています。普段はビットコインなどを対象にしたFX取引を行っています。短期投資をする際には、テクニカル分析を使用したトレードを実践しています。