税金・税務・財務・資産運用

副業するなら開業届の提出って必要なの?メリット・デメリットは?

副業をしている人の中にはアルバイトやパートではなく、自分で商品を販売したり、サービスを提供したりしている人も多いのではないでしょうか。その場合開業届が必要なのかどうか気になるものです。この記事で詳しくみていきましょう。

副業するなら開業届の提出って必要なの?メリット・デメリットは?

副業でも開業届は必要なのか

なぜ副業を始めたのかという理由は、「お小遣いを増やしたい」、「本業だけでは生活費が不足する」「将来独立したい」など、それぞれの事情があると思います。
サラリーマンの副業は、売上から経費を引いた残りの利益(所得)が年間20万円を超えなければ確定申告の必要がなく、所得税を支払わなくてもいいことになっています。今後も継続して副業を続けることがなく、一時的であるなら、わざわざ開業届を出さなくてもいいでしょう。
しかし、今後はもっと副業で稼ぎたい、将来、独立に向けて事業としてやっていきたいと思うなら、開業届を提出しておきましょう。

副業でも開業届は必要なのか

そもそも開業届って何?

開業届とは、正式には「個人事業の開業・廃業等の届出書」といいます。「個人で事業を開始しましたよ」ということを税務署に申告するための書類です。税務署でもらうこともできますが、国税庁のホームページからダウンロードする方が簡単です。

そもそも開業届って何?

開業届を提出するメリット

開業届を提出する最大のメリットは「節税ができる」ことです。開業届と同時に青色申告承認申請書を提出しておけば、最大65万円の控除を受けることができます。また、他にもさまざまなメリットがあります。

 赤字を3年間繰り越せる
 損益通算が可能になる
 節税になる

副業で赤字が出てしまっても、翌年以降の利益から相殺できます。また、損益通算は、もし副業で赤字が出ても、本業の所得と合算できるため、既に納めている所得税や住民税が還付される可能性があるのです。さらに家族を専業従事者として申告しておけば、給与を経費として計上できるため節税効果があります。開業届を提出することで得られる節税効果は他にもさまざまなものがあります。

開業届を提出するメリット

開業届を提出するデメリット

開業届を提出すると、所得が20万円以下でも必ず確定申告をしなければならないという義務が生じます。また、複式簿記での記帳が義務付けられています。さらに、万一本業で失業しても雇用保険の給付、いわゆる失業保険が受けられなくなります。開業届を提出しているということは、失業の状態ではないという意味ですので失業保険の対象外となります。

開業届を提出するデメリット

開業届を提出した方がいい目安は?

副業をしているのに、開業届を提出しなかったことによる罰則はありません。「雑所得」として申告すればいいだけの話です。しかし、継続的に副業収入を得ていきたい、今後もっと収入を増やしたいと考えるなら、開業届を提出しておいた方が前述したようなメリットを得やすくなります。

開業届を提出した方がいい目安は?

まとめ

開業届を提出するメリット・デメリットについて解説してきました。開業届を提出するのは、ご自身のこれからの副業の進めと照らし合わせてからでも遅くありません。メリット・デメリットをよく考慮して行動しましょう。

Written by ことりえ
大阪府出身、奈良県在住。ファイナンシャルプランニング技能士。税務・会計・保険・投資専門のマネーライター。
以前は上場企業の経理担当。学ぶことが好きで好奇心旺盛。趣味はファイナルファンタジー。

PICK UP NEWS