税金・税務・財務・資産運用

初めての確定申告!副業収入の確定申告書に必要なものとは?

副業をしていると確定申告は切っても切れないものです。しかしいざ税務署へ行ってみたものの、必要なものが足りなくて却下とならないようきちんと準備をしてから取り組みましょう。

初めての確定申告!副業収入の確定申告書に必要なものとは?

さぁ、確定申告の準備をはじめよう。

確定申告の準備はできていますか。必要なものがわかっていると焦らず進めることができますね。確定申告は、昨年1月1日から12月31日までに生じた所得を計算し、納めるべき税金の過不足を精算する大切な手続きです。早めに準備しておきましょう。

さぁ、確定申告の準備をはじめよう。

申告書、青色申告決算書

申告書は「確定申告書A」と「確定申告書B」の2種類があります。副業している人に必要なのは主に確定申告書Bになります。手書きで申告する場合は国税庁のホームページから印刷することが可能です。
副業をしている場合は、青色申告決算書もあわせて必要です。青色申告決算書は複式簿記による記帳が求められますが、最大65万円もの節税になります。また、青色申告者にはさまざまなメリットがありますので、副業をされているかたは青色申告者として申請しておいて損はありません。会計ソフトを利用している人は、ふだんから入力しておいたものを申告書に印刷するだけになります。手書きの場合は国税庁ホームページで印刷が可能です。

申告書、青色申告決算書

マイナンバーカードなどの本人確認書類

確定申告をするには、顔写真つきのマイナンバーカードが必要です。マイナンバーカードをお持ちでない方は、マイナンバーが記載されている通知カードや住民票と、身元を証明できる運転免許証やパスポート、障害者手帳、保険証とをセットにしておかないと本人確認書類として認められませんので注意しましょう。

マイナンバーカードなどの本人確認書類

印鑑、口座番号のわかるもの

印鑑は日頃よく使いシャチハタのようなゴム印は利用できません。朱肉を使って押印する印鑑が必要です。三文判なら100円ショップなどでも売られていますので、朱肉を使う印鑑であれば、それらを利用しても問題ありません。納める所得税を口座振替にされる人は、銀行員も必要です。さらに口座番号のわかるキャッシュカードや通帳も必要になりますので準備しておきましょう。

印鑑、口座番号のわかるもの

報酬や経費のわかる書類

本業の源泉徴収票も必要ですが、副業がアルバイトやパートなど給与所得の場合は、副業の勤め先から源泉徴収票をもらっておいてください。年が明けて確定申告の時期が迫っているのにもらえていないという事態にならないよう、早めに話をしておきましょう。
また、副業が給与所得でない場合は、昨年一年間の報酬がわかる書類や経費として計上した領収書を確認し、自身で計算していく必要があります。他にもふるさと納税などの寄付金控除や医療費控除がああるなら、それらの領収書も一緒に申請しておきましょう。

報酬や経費のわかる書類

まとめ

副業をしているとなかなか時間の余裕がありませんが、毎日少しずつでもいいので、早めに準備をしておきましょう。確定申告が始まっても慌てることなく申告できますよ。

Written by ことりえ
大阪府出身、奈良県在住。ファイナンシャルプランニング技能士。税務・会計・保険・投資専門のマネーライター。
以前は上場企業の経理担当。学ぶことが好きで好奇心旺盛。趣味はファイナルファンタジー。

PICK UP NEWS