税金・税務・財務・資産運用

もう自分でできない! 確定申告を税理士に丸投げする基準

申告漏れがないか、過剰に計上しすぎている経費はないかなど、ひとりで確定申告をするのはとても心配ですね。税理士に丸投げするとどんなメリット・デメリットがあるのかも知っておいたほうがいいでしょう。

もう自分でできない! 確定申告を税理士に丸投げする基準

確定申告を税理士に任せる基準とは

自分で確定申告ができないからといって、すべて丸投げしてもいいのでしょうか。また、税理士報酬はいくらくらい見積もっておけばいいのでしょうか。

確定申告を税理士に任せる基準とは

そもそも確定申告が必要な人とは?

副業をしている会社員で、年間の所得が20万円以上の人は確定申告が必要です。さらに青色申告承認申請書を税務署に提出している人は、確定申告の義務があります。他にも、副業に限っていえば、2ヶ所以上から給与をもらっている人も確定申告をする必要がありますし、副業が赤字だった場合には確定申告をすることで還付金を受け取れる人も対象になります。

そもそも確定申告が必要な人とは?

税理士に確定申告を依頼するといくらかかる?

税理士報酬は税理士本人が自由に決められるので、相場といえる相場があってないようなものです。確定申告の時期にいきなり丸投げする場合、経費や売上の入力がどこまで進んでいるか、売上の規模によっても価格は違ってきますが、約15万円から20万円かかると見積もっておいたほうがよいでしょう。税理士からすると、丸投げほど面倒なことはありません。日々の取引状況をまったく知らない状況で、経費の過剰計上はないのか、漏れはないのかなどを、確定申告の時期までの数日間で精査しなければならないからです。中には丸投げを一切受けない税理士もいますので、依頼したい場合は一度問い合わせをしてみましょう。

税理士に確定申告を依頼するといくらかかる?

税理士に丸投げするメリット・デメリット

税理士に確定申告を丸投げする最大のメリットは、正確な申告ができることに尽きます。経費にしてはいけないものや売上の計上の仕方も悩まずに済みますし、法改正があっても適性に対処してもらえます。また、時間のゆとりができて副業に専念できることもメリットです。いっぽうの丸投げをするデメリットは、お金がかかるということです。毎日の記帳の手間と比べて、丸投げの費用は相応のメリットがあるのかどうかで変わってくるでしょう。もうひとつのデメリットは、どんぶり勘定になってしまうことです。これが最大のデメリットかもしれません。売上はいくらだったのか、もっと節税できなかったのかなど、確定申告を自分でするからこそ、見えてくるお金の流れがあります。最後の最後に人の手を借りていては、いつまでたってもどんぶり勘定から抜け出せない可能性もあります。

税理士に丸投げするメリット・デメリット

それでもやっぱり丸投げしたい場合は

将来は自分で確定申告ができるようになりたい、でも今回だけはどうしても税理士に丸投げしないと間に合わないという場合でも、年度内でしかできないこともあるため、せめて12月中に依頼を済ませておきましょう。

それでもやっぱり丸投げしたい場合は

まとめ

確定申告をしたことのない人にとって、書類を見るだけで苦手意識がありなかなかスムーズに申告できないこともあるでしょう。しかし今は簡単に確定申告書が作成できる会計ソフトもありますので、上手に利用して時間のロスにならないようにし、どうしても自分ではできない場合は税理士に相談してみましょう。

Written by ことりえ
大阪府出身、奈良県在住。ファイナンシャルプランニング技能士。税務・会計・保険・投資専門のマネーライター。
以前は上場企業の経理担当。学ぶことが好きで好奇心旺盛。趣味はファイナルファンタジー。

PICK UP NEWS