税金・税務・財務・資産運用

効率的に顧客にアプローチ!マーケティングオートメーションとは?

マーケティングオートメーション(MA)とは、WEB上でのマーケティングの一部を自動化して効率よく集客・販売を行うソフトウェアを意味しています。サーバーにインストールして使うものとクラウド上で使うものがあり、価格はそれぞれのソフトウェアによって違います。

効率的に顧客にアプローチ!マーケティングオートメーションとは?

マーケティングオートメーションで自動的に見込み顧客を集め育てる

マーケティングにおいては、見込み顧客を集め、その購買意欲を高め、商談にまでこぎつけることはとても重要なプロセスのひとつです。マーケティングオートメーションはこの見込み顧客を育てるプロセスを自動化します。

マーケティングオートメーションで自動的に見込み顧客を集め育てる

顧客の行動を細かく記録・管理してスコア化する

マーケティングオートメーションの中でも特徴的な機能は、顧客の行動を細かく記録・管理できることです。もちろん、顧客管理システムはマーケティングオートメーション以外にもいろいろあります。しかし、マーケティングオートメーションを使うことで、その顧客が過去に開封した案内メールは何か、どんな展示会や説明会に来てくれたかなども記録することができます。そしてさらに、そのデータを総合的に分析してその顧客の購買意欲をはかり、その段階をスコア化することができます。

顧客の行動を細かく記録・管理してスコア化する

顧客の購買意欲に合わせたメールを配信

マーケティングオートメーションには、メール配信機能があります。この機能を使えば「購買意欲が低い人には展示会のメール」「購買意欲が高い人には購入に向けての相談会のメール」というように、顧客の購買意欲に合わせたメールを自動で配信することができます。さらに、どんなスコアの人にどんなメールを配信するというシナリオを設定することも可能です。これにより、細かな顧客管理と顧客の育成(リードナーチャリング)を自動で行うことができるようになります。

顧客の購買意欲に合わせたメールを配信

リードナーチャリングを自動化して成約率アップ

自動的にリードナーチャリングを行い、顧客の購買意欲を十分に高めたあとで営業担当者が商談に入れば、成約率もアップします。マーケティングオートメーションはこのように、見込み顧客を集めて商談が成功しやすい状態に育て、成約率を上げるのに効果的なツールです。BtoB企業を中心に、現在多くの企業がマーケティングオートメーションを活用しています。

リードナーチャリングを自動化して成約率アップ

まとめ

マーケティングオートメーションについてごく簡単に説明しました。副業ワーカーがマーケティングオートメーションに関わることはあまりないかもしれません。しかし、現在このようなマーケティングツールがあると知っておくことは、マーケティング関連の副業をするときだけでなく、本業にも役立つことがあるでしょう。興味がある人は、より深く学んでおくことをおすすめします。

Written by 鶴原早恵子
企業のコーポレートサイトやECサイトのウェブページやコラム、ECサイトのメールマガジンなどを中心に作成しているライター。
得意ジャンルはマーケティングや働き方関連、鉄道や京都案内など。インタビューなどの取材経験も豊富。

PICK UP NEWS