税金・税務・財務・資産運用

3種類のNISAを賢く活用しよう

NISAには一般NISA、ジュニアNISA、そしてつみたてNISAの3種類があります。それぞれ、毎年一定の金額の範囲内で、株式や投資信託などから得られる利益が非課税となる制度の特徴を見ていきましょう。

3種類のNISAを賢く活用しよう

一般NISAとは?

まず一般NISAは2014年1月に始まった非課税制度です。一般NISAを利用できるのは、日本の居住の20歳以上の人で、1人1口座のみ開設することが可能です。非課税となるのは、NISA口座から投資を行って得られた国内外の株式や株式投資信託、国内外ETF、国内外REITなどの配当金、分配金、譲渡益となります。つまり、通常株式や投資信託への投資によって得られる利益には、約20%の税金が課せられますが、NISAでは非課税ということになります。またNISA口座であれば、いくらでも投資が可能というわけではなく、毎年新規の投資枠は120万円までと上限が定められております。そして、一般NISAの場合、非課税期間は最大で5年となります。

一般NISAとは?

ジュニアNISAとは?

次にジュニアNISAとは、2016年1月から開始された「未成年者少額投資非課税制度」です。こちらは日本に居住の0歳から19歳の人が対象となりますが、実際の運用は口座開設者である未成年者の2親等以内の親族(両親や祖父母など)となります。一般NISAと異なる点としては、毎年新規の投資枠は80万円が上限となります。また、ジュニアNISAは子供や孫のための長期投資であるため、子ども・孫が原則18歳になるまで資金を引き出すことはできませんので注意してください。

ジュニアNISAとは?

つみたてNISAとは?

そして3つ目のつみたてNISAとは、2018年1月から始まった少額から積み立て、長期積分散投資を図るための非課税制度です。こちらは一般NISA同様、日本に居住の20歳以上の人が対象ですが、一般NISAとつみたてNISAは併用することができませんので注意しましょう。毎年の新規投資枠は40万円までとなっている一方で、非課税となる期間は最大20年間です。また、投資できる金融商品は株式はなく、特定の投資信託となります。具体的には、販売手数料が無料で、信託報酬が一定水準以下の低く抑えられたものとなります。つみたてNISAは長期に及ぶ資産運用となるため、投資する金融商品のコストも比較的抑えられていると言えるでしょう。なお、一般NISAやジュニアNISAと違い、保有している金融商品を翌年の非課税投資枠に移す(ロールオーバー)ことはできません。

つみたてNISAとは?

まとめ

一般NISA、ジュニアNISA、つみたてNISAそれぞれに特徴があることから、たとえば、子供の教育資金のためにジュニアNISAを、そして趣味の海外旅行資金を貯めるために一般NISAを活用すると言ったように、目的別に3つのNISAを使い分けるのが良いかもしれません。NISAは運用益が非課税となるお得な制度であるため、資金に余裕がある人はNISAを活用してみてはいかがでしょうか。

Written by 金融マン
国内外の金融機関に長年勤務し、株式や投資信託、確定拠出年金業務を担う。現在はフリーのライターとして金融関連の記事執筆を手掛けている。趣味はスポーツ観戦。

PICK UP NEWS