税金・税務・財務・資産運用

イデコとニーサどっちを利用すべき

イデコとニーサは、共に投資で得られた利益が非課税となるメリットがあります。より効果的に資産形成を図るためには、この2つの非課税制度をどのように活用したらよいのか疑問に思われるている人もいることでしょう。そこで今回は、イデコとニーサのメリット・デメリットを踏まえた効果的な活用方法を解説します。

イデコとニーサどっちを利用すべき

イデコの特徴

まずイデコの最も大きな特徴として、拠出時と運用時、そして受け取り時それぞれにおいて税制優遇を受けられることが挙げられます。つまり、イデコの掛け金の拠出時には、その拠出金の全額が所得控除の対象となり、所得税及び住民税が節税できます。またイデコの運用時には、利益に対し通常約20%の課税がなされるのに対し、イデコでは非課税となります。更にイデコの積み立ててきた資産を受け取る際には、年金として受け取る場合公的年金等控除として、一時金として受け取る場合には退職所得控除として、それぞれ節税につなげることが可能です。一方で、イデコは老後資産の形成を図る制度であるため、原則60歳まで資産を引き出すことができないというデメリットもあります。

イデコの特徴

ニーサの特徴

他方でニーサに関しては、ここでは一般ニーサのメリットを整理しますと、株式や投資信託などで運用した際に得られる利益が非課税となります。これは、イデコの運用時の非課税メリットと同じことです。そしてニーサの場合には、非課税期間は最長でも5年間となります。

ニーサの特徴

イデコor ニーサ?

それでは、イデコとニーサそれぞれの特徴を踏まえると、イデコはニーサの特徴でもある運用時の非課税だけでなく、所得控除を受けることが可能です。そしてニーサの非課税期間が最長5年であるのに対し、イデコは20代から30代で始めれば30年から40年近く、拠出時と運用時それぞれの節税メリットを享受することができます。そのため、何十年と長い期間に亘り資産運用を考えている場合には、イデコをフル活用するのが良いのではないでしょうか。一方で、イデコは原則60歳まで資産を引き出すことができないため、例えば住宅購入の足しにするために非課税制度のニーサを利用するといった選択肢も考えられます。

イデコor ニーサ?

まとめ

イデコとニーサは、必ずしもどちらが優れているというものではなく、老後資産の形成として、または結婚資金、旅行資金といった目的に合わせて、イデコとニーサを使い分けるのが良いでしょう。また資金に余裕のある人は、非課税制度をフル活用すべく、イデコとニーサの両制度を利用して、しっかりと資産形成を図ってみてはいかがでしょうか。

Written by 金融マン
国内外の金融機関に長年勤務し、株式や投資信託、確定拠出年金業務を担う。現在はフリーのライターとして金融関連の記事執筆を手掛けている。趣味はスポーツ観戦。

PICK UP NEWS