税金・税務・財務・資産運用

NISAとは?

せっかく資産運用を始めて利益を得ることができたとしても、そのうちの約2割は税金として納めないといけません。投資が上手くいっている方ほど、税金をどうにかしたいと頭を悩ませているものです。NISAとは、そんな税金を安くすることができる制度です。少しでも資産運用にかかる税負担を減らしたい方ほど、NISA口座はオススメです。

NISAとは?

NISAの特徴

NISAとは、資産運用で得られた利益に課される税金を非課税にできる制度のことです。税金がかからないと、税負担が無くなるので、より多くの資産を手元に残すことができます。利益が増える分、再投資にまわせる金額も増えるので、投資効率が良くなります。さらに、税金がかからないため、確定申告の手続きが不要になるなどのメリットがあります。

NISAの特徴

NISAの種類とは?

NISAには、一般的なNISAとは別に、長期での運用を前提にしている「つみたてNISA」と、未成年者だけが加入できる「ジュニアNISA」があります。成人が加入できるNISAは一般NISAとつみたてNISAのどちらかです。NISA口座は一人一口座までしか保有できず、つみたてNISAと一般NISAの併用はできませんので、口座を選ぶ際にはつみたてNISAにするのか、それとも一般NISAにするのかを選択する必要があります。ただし、一般NISAとつみたてNISAは利用後の変更が可能なため、最初は一般NISAで運用しつつ、その後につみたてNISAに変更することはできます。

NISAの種類とは?

一般NISAとつみたてNISAの違い

一般NISAとつみたてNISAにはどのような違いがあるのでしょうか?まず、一般NISAは年間の非課税枠が120万円、非課税期間が5年までとなります。次につみたてNISAは、年間の非課税枠が40万円までと低いのですが、非課税期間が20年と長いです。このような違い以外にも、つみたてNISAは投資対象が投資信託とETFに限定されるなどの違いがあります。投資対象が限定されているつみたてNISAと違い、一般NISAであれば投資信託からETFだけでなく、さらには株やREITなどにも自由に投資をすることができます。つみたてNISAは長期投資向けの制度であり、一般NISAは短期投資向けの制度です。それぞれの特徴を踏まえ、もっとも相性が良いNISAを選ぶと良いでしょう。

一般NISAとつみたてNISAの違い

NISA口座の開設の流れ

NISA口座を開設するためには、まず金融機関よりNISA口座を開設するための申込をし、必要書類を入手する必要があります。その後、書類に必要事項を記入したら、金融機関に提出します。提出された書類を、金融機関が税務署に申請し、税務署のチェックが完了してはじめてNISA口座を開設することができます。NISA口座は一つの金融機関に一つしか開設することができません。そのため、NISA口座を開設する際には、もっともメリットの多い金融機関を選びましょう。

NISA口座の開設の流れ

オススメの金融機関とは?

NISA口座を開設するにあたり、金融機関を選ばなければいけないのですが、果たしてどこがオススメなのでしょうか?まず、ここで言う金融機関とは、銀行や証券会社などのNISA口座を開設できる金融機関のことを指します。銀行だろうと証券会社だろうと、金融機関であればNISA口座を開設できます。ただし、金融機関によって取り扱っている運用商品に差異があるので注意しましょう。オススメは、手数料が安く、取扱商品が多い金融機関です。ネット証券会社は基本的にどこも手数料が安く、取扱本数が多いので、人気があります。

オススメの金融機関とは?

Written by グレーテル
光回線の訪問営業を経験後、現在はWEBライターとして独立して活動中です。
主な執筆テーマはFXや株などの資産運用です。仮想通貨の記事についても執筆しています。
執筆活動の傍らで投資活動も行っています。普段はビットコインなどを対象にしたFX取引を行っています。短期投資をする際には、テクニカル分析を使用したトレードを実践しています。

KETWORD

PICK UP NEWS