税金・税務・財務・資産運用

株式投資の基礎のキソ

副業で資産を大きく増やしていく方法の一つが、株式投資だと思います。
株式投資にもメリット・デメリットが存在しており、それらをしっかりと把握したうえで、より効果的資産運用を行っていきましょう。

株式投資の基礎のキソ

株式投資とは?

企業が事業を拡大していくためには多額の資金を必要とします。
そこで、企業は「株式」を発行し、投資家はその株式を購入することで、配当金や株主優待などの権利を得ることができます。

株式投資とは?

株式投資のメリット

株式投資の最大のメリットとしては、値上がり益を享受できることでしょう。

値上がり益とは、株式を安い価格の時に購入した後、価格が値上がりした場合、その差額を利益として得ることができます。
これが「値上がり益、もしくはキャピタルゲイン」と呼びます。

また、株式投資では、定期的に企業が稼ぎ出した利益から分配金を得られることがあります。
これを「配当金、またはインカムゲイン」と呼びます。

一般的に、配当金は毎年定期的に出されることが多いため、安定した収入を得ることが可能となるかもしれません。
更に、株式を保有していることで、企業から製品や優待券などを受け取れることもあります。
これを「株主優待制度」と呼びます。当然、この株主優待制度は無料となります。

これら、キャピタルゲイン、インカムゲイン、株主優待制度が株式投資の主なメリットと言えるでしょう。

株式投資のメリット

株式投資のデメリット

一方で、株式投資のデメリットを見ていきましょう。

まず、株式は銀行預金などとは違い、元本が保証された金融商品ではありません。
株価が下落すれば、元本が目減りするリスクがあります。

投資の世界は必ず利益を上げられるというものではありません。

そのため、いくらの損失なら許容できるか、許容限度額を投資する前に決めておくのが良いでしょう。
また、株式を発行した企業が、万が一破綻した場合、株式は紙切れとなり投資資金を失うリスクも出てきます。

そして、国内株式でなく海外株式に投資した場合、外国為替相場の影響を受けます。そのため、株式をいざ売却する際に、為替差損が出て、投資収益がマイナスとなってしまうデメリットもあります。

株式投資のデメリット

まとめ

株式投資による値上がり益を狙うことで、資産を大きく増やしていける可能性があります。

一方で、今回お伝えしたように、自分が想定した方向と逆に相場が動けば、損失も大きくなります。

そのため、株式投資を始める際には、まずは損失許容額を決め、1社だけに投資するのではなく、分散投資をすることでリスクを軽減させた投資を心掛けるのが良いかと思います。

Written by 金融マン
国内外の金融機関に長年勤務し、株式や投資信託、確定拠出年金業務を担う。現在はフリーのライターとして金融関連の記事執筆を手掛けている。趣味はスポーツ観戦。

PICK UP NEWS