税金・税務・財務・資産運用

資産運用してますか?~資産運用はなぜ必要なのか~

政府が「貯蓄から投資へ」と方向転換してから、数年が経過しました。しかし金融庁の調査結果などをみると、なかなか投資に対して国民の意識が向かっていないのが実情です。今回はなぜ資産運用する必要があるのかをご紹介していきたいと思います。
きっと、意識が投資へ向くこと請け合いです!

資産運用してますか?~資産運用はなぜ必要なのか~

なぜ日本は長期バカンスが取れないのか?

欧米では長期バカンス休暇を取ることが一般的です。
しかし、日本では盆正月に数日の休暇が関の山。

なぜ日本では長期バカンスをとることができないのでしょうか?

「国民性だから…」と思い込んでいる方が多数派かと思いますが、実は違います。原因は「資産運用」にあるのです。

欧米では社会人になると、即資産運用を始めます。多くの人は給料から何パーセントは投資商品を購入すると決め、実際投資に資金を投入しているのです。金融庁の調査によると、アメリカでは財産所得:勤労所得=1:3の割合ですが、日本では財産所得:勤労所得=1:8す。
                                   
具体的には年収800万円の場合アメリカでは200万円の財産所得がありますが、日本人の場合88万円です。200万円もの不労所得があれば、あくせく働く必要はありませんよね?この財産所得の差が日本では長期バカンスが取れない理由につながっていることがお分かりいただけると思います。

なぜ日本は長期バカンスが取れないのか?

豊かな人生を送るためのアイテムが「資産運用」

考えてみてください。自分の年収の1/4が財産所得だったら、人生に「余裕」が生まれますよね?

日本人の感覚は働く=収入を得るですが、欧米のようにお金にお金を生んでもらう(財産所得)収入があれば、働かなくても一定の収入を得ることができます。ですから欧米では早期リタイヤや長期バカンス休暇を取得するお金と時間の余裕が財産所得によってもたらされているといえます。

財産所得のメリットは、いったん資産形成をするためのポートフォリオを構築してしまえば、大きな社会状況の変化がない限り死ぬまで財産収入を得ることができることです。ですから、若いうちからしっかりと資産形成をすることで、老後も財産所得を得ることができます。このため老後資金などの心配もしなくてよくなるのです。

また財産所得を構築することで働かなくても一定の収入が定期的に入ってくるため、早期リタイヤや長期バカンス休暇の取得も可能になり、人生を豊かに送るための選択肢が広がることがお分かりいただけると思います。

豊かな人生を送るためのアイテムが「資産運用」

収入を得る選択枠に「財産収入」をプラスしよう!

見てきたように資産形成を行うことで、財産収入を享受することができるようになり、人生を豊かに送ることが可能になります。最近ではAIの発達によりロボアドバイザーやFXの自動売買システムなど、投資初心者でも簡単に投資することができる投資商品が多数存在します。

収入を得る選択枠に「財産収入」をプラスしよう!

まとめ

まずは小額資金から、ゆっくりと資産運用を行ってみませんか?人生の選択枠が広がり、豊かな人生を送ることができることでしょう。

Written by 佐藤れいな
投資歴10年以上のベテラン投資家。投資先は株式・FX・不動産・バイナリーオプション・クラウドファインディング・仮想通貨など幅広く取り扱っている。特にテクニカルを活用した分析力に定評がある。

PICK UP NEWS