税金・税務・財務・資産運用

コツコツ派にオススメ~投資信託投資とは?

投資信託は小額から購入することができるため、毎月コツコツと積立を行うことが好きな方におすすめの投資商品です。今回は投資信託投資とはどのような投資なのか、また投資信託商品の選び方もご紹介していきたいと思います。

コツコツ派にオススメ~投資信託投資とは?

投資信託とは?

投資信託とはいったいどのような投資商品なのでしょうか。

ⅰ 投資信託とは
一般投資家から集めた資金をプロの運用者が投資・運用し、リターンを投資家に還元する仕組みの商品のことです。

ⅱ 投資信託の特徴
・元本が保証されていない
銀行預金と違い、投資信託は元本が保証されない投資商品です。

・金融のプロが資産の投資・運用を行う
投資家から集めた資金を金融のプロが投資・運用します。ですから金融に関する知識がない投資初心者むけの投資商品といえます。

・小額から投資することができる
投資信託の場合、10,000円~など小額から投資することができます。

・分散投資(リスク分担)することができる
投資信託の場合、小額から投資することができるため、複数の投資信託に分散投資することが容易です。また、投資信託自体が株式・債権・不動産など分散している商品もあるため、そういった商品を選択することで自動的に分散投資をすることができます。

ⅲ 投資信託の種類
投資信託は様々な視点から分類することができます。ここでは投資先による分類を見ていきたいと思います。

・投資対象地域による分類
投資対象地域が海外or国内のファンドが存在します。

・投資対象資産による分類
債権・株式・不動産・その他の資産など投資対象資産もファンドによって異なります。

投資信託とは?

失敗しない投資信託の選び方

ⅰ コストが安い投資信託を選択する
投資信託には「販売手数料」、「信託報酬」、「信託財産留保額」、「有価証券売買手数料」「税金」などの投資コストが存在します。なかでも「販売手数料」と「信託報酬」は投資信託の2大コストであり、投資信託投資の成否に大きな影響を与えます。できるだけ投資コストの安い投資信託を選択しましょう。

ⅱ 純資産残高の高いファンドに投資しよう
純資産残高は投資信託の規模を示しています。この規模が小さいファンドの場合、流動性に欠けるため投資向きとは言えません。純資産残高が30億円以上のファンドを選択しましょう。

ⅲ 優良ファンドを簡単に見つける裏技
実は優良ファンドを簡単に探すことができる裏技が存在します。それは積立NISAの対象商品から投資ファンドを選択する方法です。金融庁は一定条件を満たしている優良ファンドのみを積立NISA対象商品に認定しています。現在159のファンドが認定されています。5,000もあるファンドをこうして一気に159に絞ることができます。
また金融庁が求める基準を満たしているファンドなので投資する際も安心感があります。

*参考:つみたてNISA対象商品届出一覧
https://www.fsa.go.jp/policy/nisa/20170614-2/24.pdf

失敗しない投資信託の選び方

まとめ

現在、運用されている投資信託はおよそ5,000本もあります。この中から自分が投資する投資信託を選択するのは骨が折れる作業であるといえます。裏技を活用して、自分にぴったりの投資信託に投資してみませんか。

Written by 佐藤れいな
投資歴10年以上のベテラン投資家。投資先は株式・FX・不動産・バイナリーオプション・クラウドファインディング・仮想通貨など幅広く取り扱っている。特にテクニカルを活用した分析力に定評がある。

PICK UP NEWS