税金・税務・財務・資産運用

iDeCoとは?

iDeCo(個人型確定拠出年金)とは年金制度のことで、いざ利用を始めると、60歳まで一定額ずつ資金を拠出し、運用をすることになります。運用対象は、定期預金や保険、投資信託などがあります。原則60歳まで引き出すことができないというデメリットがありますが、その代わり税金を節税できるというメリットがあります。iDeCoは60歳未満の日本在住の方であれば、基本的に誰でも加入できます。フリーランスや自営業者に限らず、専業主婦や公務員などもiDeCoに加入可能です。

iDeCoとは?

節税の仕組みとは?

iDeCoに加入すると節税できると言われていますが、具体的にどのように節税されるのでしょうか?iDeCoでは、積立金額が全額所得控除の対象になります。そのため、掛け金を拠出すれば、その分だけ住民税や所得税を節税できます。仮に年収500万円で、30歳の方がiDeCoに加入し、月々1万円ずつ掛け金を拠出した場合、59歳までに節税できる税金は約72万円となります。本来であれば払うべきだった税金が72万円も節税できるので、税負担をかなり減らせます。さらに、資産運用で得た運用益が非課税になるので、通常よりも効率の良い投資ができます。

節税の仕組みとは?

取り扱っている運用商品は?

iDeCoで掛け金を拠出すると、その資金を元手に運用をすることになるのですが、iDeCoではどのような商品が取り扱われているのでしょうか?iDeCoの投資対象というと、債券や株式、REITなど様々です。同じ債券や株でも、国内から海外、新興国など様々な種類があります。債券についても、エマージング債券やハイイールド債券など、種類があります。このように、iDeCoでは多様な商品が投資対象になるのですが、金融機関によって取り扱われる商品に違いがあります。できるだけ様々な運用商品に投資をしたいなら、取扱本数が多い金融機関を選択しましょう。

取り扱っている運用商品は?

手数料はかかるのか?

iDeCoを利用する場合、手数料がかかります。この手数料についてですが、加入時に支払う初回のみの手数料と、積立を行う時にかかる手数料などがあります。手数料は金融機関によって違いがあるので、注意しましょう。できるだけコストをかけたくないのであれば、手数料が安い金融機関がオススメです。特に、運用期間中に継続的にかかる手数料は安いに越したことはありません。iDeCoの手数料が安い金融機関というと、銀行よりも証券会社の方が多いです。証券会社を中心に探せば、低コストな金融機関を見つけられるでしょう。

手数料はかかるのか?

掛け金の上限について

iDeCoでは、掛け金を積み立てれば積み立てるほど、所得税や住民税を控除し、節税することができます。ただし、無尽蔵に掛け金を拠出できるわけではありません。iDeCoの掛け金には上限が設定されているので、注意しましょう。この上限についてですが、利用者の職業によって違いがあります。例えば自営業者の場合、掛け金の上限は年額81万6000円まで、専業主婦なら上限は年額27万6000円まで、といった具合です。所得控除の対象となるのは、この上限の範囲内となります。

掛け金の上限について

Written by グレーテル
光回線の訪問営業を経験後、現在はWEBライターとして独立して活動中です。
主な執筆テーマはFXや株などの資産運用です。仮想通貨の記事についても執筆しています。
執筆活動の傍らで投資活動も行っています。普段はビットコインなどを対象にしたFX取引を行っています。短期投資をする際には、テクニカル分析を使用したトレードを実践しています。

KETWORD

PICK UP NEWS