税金・税務・財務・資産運用

上か下か二者択一で超簡単!人気のバイナリーオプションとは?

バイナリーオプションは2009年に日本でサービスが開始されたばかりの新しい投資商品です。バイナリーオプションはルールが簡単であるため、瞬く間に人気の投資商品化しました。今回はバイナリーオプションとはどのような商品であるのか、勝率をあげるためのバイナリーオプションの方法などをご紹介していきたいと思います。

上か下か二者択一で超簡単!人気のバイナリーオプションとは?

バイナリーオプションとは?

ⅰ バイナリーオプションとは?
バイナリーオプションはFXの一種です。外貨の価格の上下を当てることで、報酬をゲットすることができます。
具体的には現在ドル円が110円の場合、〇分後(任意に決めることができる)の価格が110円より上なのか下なのかを当てるだけの投資です。〇分後上になるに1,000円かけて当たった場合報酬として1,000円受け取ることができます(実際には手数料などで8~9割の受取金額になります)。また外れた場合は1,000円丸々失うことになります。
このようにバイナリーオプションはALL orNOTHINGの投資商品であるといえます。

ⅱ バイナリーオプションの法改正
バイナリーオプションは短期的投資ではなく「投機である」と認定され、2度の法規制を受けることになります。
この法規制により現在日本のバイナリーオプションはかなり変則的なルールになっています。

≪日本式バイナリーオプションの特徴≫
・時間は2時間
・受取額がわかりにくい
・途中売買も可能
・損失額は投資金額に限定される

このように非常にわかりにくいシステムのため、バイナリーオプションは海外業者を利用しているユーザーが多数派になっています。

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションで勝率をあげる方法

ⅰ 日本式バイナリーオプションの実情
バイナリーオプションは二者択一のため、勝率は確率論的に50%です。しかし実情は少し違っているようです。
GMOクリック証券の「外為オプション取引の月次取引実績*」を見たところ、2019年3月現在の取引口座に対する損失発生口座の割合は72.6%とおよそ7割の参加者が負けていることがわかります。また総取引金額に対する総支払金額の割合は98.14%と全体の勝率は50%に近い数値が出ていることがわかります。
このことから、一部の勝者が報酬を独占しているのが日本式のバイナリーオプションであることがわかります。このため到底投資初心者向けの投資商品ということはできません。

*参考:GMOクリック証券「外為オプション取引の月次取引実績」


ⅱ バイナリーオプションの勝率をあげるたった一つの方法
上記の「外為オプション取引の月次取引実績」を詳しく分析していくと、法改正前の取引口座に対する損失発生口座の割合は最も低い時で48.12%とバイナリーオプションで勝つことが容易だったことがわかります。
ですから、法改正前と同じルールを採用している外国のバイナリーオプション業者を利用することで簡単に勝率をあげることができることがわかります。

バイナリーオプションで勝率をあげる方法

まとめ

今回はバイナリーオプションについて解説してきました。単純明快なルールで初心者でも参加しやすいバイナリーオプションは勝利者が1割~2割といわれる株式投資やFX投資と比較すると格段勝ちやすい投資商品であることがお分かりいただけると思います。
バイナリーオプションで投資家デビューをしてみませんか。

Written by 佐藤れいな
投資歴10年以上のベテラン投資家。投資先は株式・FX・不動産・バイナリーオプション・クラウドファインディング・仮想通貨など幅広く取り扱っている。特にテクニカルを活用した分析力に定評がある。

PICK UP NEWS