税金・税務・財務・資産運用

損益通算とは?

資産運用を始めたことで、利益が出ればそれに越したことはありません。ただ、時には運用に失敗し、損失が出ることがあります。もしも資産運用に失敗して赤字が出てしまった場合、確定申告をしておきましょう。確定申告の手続きで赤字を申告し、損益通算をすると、節税することができます。

損益通算とは?

損益通算の仕組み

損益通算とは、投資の世界などでよく使われる用語で、損失と利益を相殺することです。投資をして利益を得ると、その運用益の約20%が課税されます。しかし、投資をすると、必ずしも利益だけが出るとは限りません。時には運用に失敗して、損失が発生することがあります。仮に利益が100万円、損失が50万円とした場合、利益だけに税金がかかると、20万円もの金額が課税されます。しかし、100万円から損失の50万円を引いた場合、実際の残る金額は50万円となり、課税される金額も10万円まで減ります。このように、損失と利益を相殺することで、税金を節税できる、それが損益通算のメリットです。

損益通算の仕組み

繰越控除とは?

資産運用の利益と損失を損益通算することで、税金を安くすることができます。ただ、赤字を確定申告することで、一体どのようなメリットがあるのでしょうか?実は赤字を確定申告すると、その年の損失分を翌年以降へ繰り越し、翌年の利益と損益通算することができるのです。このような、損失を翌年に繰り越し、控除を受けることを繰越控除と呼びます。仮に今年の損失が100万円とし、その損失を翌年に繰り越すとします。その翌年で、資産運用の利益を50万円得た場合、前年の損失100万円と今年の利益50万円を損益通算することで、0円まで所得を下げることができます。所得が0円だと、税金がかからないため、税負担が無くなります。このような繰越控除を、投資の世界では3年まで行えます。そして、繰越控除を受けるためには、赤字分を確定申告する必要があるのです。

繰越控除とは?

配当金が出ている場合

資産運用をするにあたり、株を保有すると、定期的に配当金を稼ぐことができます。この配当金についてですが、配当金の税金は源泉徴収されているため、配当金を受けている時点で税金を払っていることになります。そして、この源泉徴収された税金を、損益通算で取り戻すことが可能です。例えば配当金が10万円とした場合、源泉徴収されている税額はおよそ2万円となります。この時、株の売却損が10万円だった場合、配当金の利益10万円と、売却損の10万円で損益通算することで、所得が0円となり、税金も0円となります。つまり、本来であれば税金がかからないはずなのに、源泉徴収されている計算になります。確定申告で損益通算をすると、この払い過ぎた税金を還付金として取り戻すことができるのです。

配当金が出ている場合

損益通算の手続き

損益通算や繰越控除をするためには、確定申告の手続きが必須です。必ず確定申告をしてください。この時、年間取引報告書と、配当金支払通知書などを必ず持参しましょう。確定申告の手続きは、特定口座で行うと簡単です。

損益通算の手続き

特定口座とは?

特定口座とは、口座の種類のことで、一般口座と比較して確定申告の手続きが簡単になるという特徴があります。例えば、源泉徴収ありの特定口座を使用している場合、証券会社が投資家に代わって税金を払ってくれるので、確定申告の手続きが原則不要です。ただし、赤字申告をする場合は、自分で確定申告の手続きをする必要があるので注意しましょう。源泉ありの特定口座を使用している方が赤字申告をすると、税金を払い過ぎている分、還付金が出やすいです。

特定口座とは?

Written by グレーテル
光回線の訪問営業を経験後、現在はWEBライターとして独立して活動中です。
主な執筆テーマはFXや株などの資産運用です。仮想通貨の記事についても執筆しています。
執筆活動の傍らで投資活動も行っています。普段はビットコインなどを対象にしたFX取引を行っています。短期投資をする際には、テクニカル分析を使用したトレードを実践しています。

PICK UP NEWS