税金・税務・財務・資産運用

おすすめ投資関連書籍~世界のエリート投資家は何を考えているのか~

本書は世界ナンバーワン・カリスマコーチとして、元米国大統領から企業トップ、トップトレーダー、スポーツ選手に至るまで、世界100カ国以上、5,000万人以上に多大な影響を与えているアンソニー・ロビンズが、ごく普通の個人投資家でも資産を着実に増やしていける方法を模索すべく、投資業界で成功を収めた巨人たちにインタビューを敢行し、そこから得られたエッセンスを具体的な検証データを踏まえ解説しています。特に、投資業界のスティーブ・ジョブズの異名を持つレイ・ダリオが、一般投資家でも実践可能な運用ポートフォリオを初めて公開したところが本書の最大の特徴といえるでしょう。

おすすめ投資関連書籍~世界のエリート投資家は何を考えているのか~

投資業界のカリスマ、レイ・ダリオとは?

まずレイ・ダリオについてご紹介します。


レイ・ダリオは世界最大のヘッジファンド(高額資産を所有する富裕層のみが参加できる投資で、市場が強気でも弱気でも利益が出るよう柔軟な投資戦略を用いるファンド)であるブリッジウォーター・アソシエイツの創業者であり、運用資産残高は1,600億ドル(1ドル100円換算で16兆円)にも上ります。


このファンドに投資するには、純資産が50億ドル(5,000億円)以上もしくは初期投資額が1億ドル(100億円)以上の顧客しかアクセスできないため、一般の投資家にとってレイ・ダリオはなじみが薄い投資家かもしれません。


ただし、ファンドは創業以来驚異的な運用成績を誇り、世界中の経済界のトップや投資銀行の社長などはもちろん、米国政府も今後の経済方針を決める際に、レイ・ダリオの意見をヒアリングするといわれています。

投資業界のカリスマ、レイ・ダリオとは?

レイ・ダリオが提示する運用ポートフォリオ

そんな投資業界で最も優秀でかつ影響力の強いレイ・ダリオが提示する、一般投資家でも実践可能でどんな経済環境下においても負けないポートフォリオが、株式への投資比率30%(S&P500か他のインデックスファンド)、長期米国債(20年から25年満期)に40%、中期米国債(7年から10年満期)に15%、そして金と商品取引にそれぞれ7.5%投資する資産構成です。


この運用ポートフォリオでは、株式への投資比率を低く抑える一方で、債券への投資割合を高めているところに特徴があります。レイ・ダリオは、株式投資は債券投資よりも3倍のリスクがあるとみており、非常にリスクバランスのとれた運用ポートフォリオを構築しています。また、1930年代の大恐慌を始め石油危機、ブラックマンデー、ITバブル崩壊、サブプライムローン危機といった想定外の事態は必ず起きるものとの前提で、どのような経済下でも資産を着実に増やしている資産構成になっています。


実際にアンソニー・ロビンズの経済担当チームが、米国で401k(確定拠出型年金制度)が始まり個人投資家でも株式市場に投資ができるようになった1984年から2013年までの30年間にわたってレイ・ダリオが提示した運用ポートフォリオを検証したところ、手数料控除後の実質利回りは9.72%、90%近くの期間で利益を上げ、最も損失を出した年でも2008年のマイナス3.93%という結果でした。


ほとんどの期間で利益を上げていることに加え、世界中を混乱に陥れた2008年のサブプライムローン危機時には、代表的なベンチマークであるS&P500はマイナス37%大幅下落しており、いかにレイ・ダリオの運用ポートフォリオがほとんど損失を出さず、どんな経済環境下においても負けない資産配分・リスク管理を行っているか分かっていただけましたでしょうか。


なおレイ・ダリオは、ほとんどすべてのアクティブ型ファンドがインデックスファンドの運用パフォーマンスを下回っていると主張しています。これを受け、アンソニー・ロビンズはレイ・ダリオの提示した運用ポートフォリオを参考にした投資を手掛ける際の注意点として、低コストのインデックスファンドを選択し、年に1回はリバランス(株式や債券、商品、金への投資比率を当初設定した割合に戻す)すること、そして非課税口座の節税効果を最大限発揮させることを挙げています。

レイ・ダリオが提示する運用ポートフォリオ

日本の投資家向けにアレンジすると

レイ・ダリオの提示した運用ポートフォリオは、米ドル建ての米国人投資家向けのポートフォリオです。


そこで本書の解説者である山崎元氏が、日本の投資家向けにアレンジしたポートフォリオも提案してくれています。それは、国内株式15%、外国株式(先進国)ヘッジなし5%、外国株式(先進国)ヘッジ付き10%、金(ETF)10%、J-REIT(日本版不動産投資信託)5%、長期国債に20%、ヘッジ付き外国債券15%、個人向け国債(変動10年)に20%という資産配分になります。


それぞれ具体的なファンドも提示されており、国内株式はTOPIXに連動するETFとして日興アセットマネジメントの上場インデックスファンドTOPIXなどに、外国株式は野村アセットマネジメントのFunds-iシリーズなどを、ヘッジなしの外国株式にはニッセイアセットマネジメントのニッセイ外国株式インデックスファンドなどを、金はETFで持ち、商品としてはJ-REITへの投資を考えています。

日本の投資家向けにアレンジすると

つみたてNISAやイデコで投資を実践

そしてどんな経済環境下でも負けない運用ポートフォリオが分かったところで、今度は投資を実践する番です。


そこで活用していただきたい制度がつみたてNISAやイデコであります。両制度とも、アンソニー・ロビンズが提言した非課税口座のメリットをフル活用することが可能となっています。


まずつみたてNISAは、長期間にわたる少額からの積み立て分散投資を後押しする税制優遇制度です。


国内に在住する20歳以上の方が対象で、毎年の非課税投資上限金額は40万円と定められています。非課税投資期間は最長20年であることから、非課税投資枠は最大で800万円になります。


そしてつみたてNISAの最大の特徴は、一定の投資信託の運用から得られた分配金や譲渡益が非課税となることです。たとえば、NISA口座を通じて購入した投資信託で10万円の利益をあげたとします。通常であれば20.315%の税金が課せられ、約2万円が利益から差し引かれますが、つみたてNISAであれば、本来差し引かれるはずの税金分も含め再投資に回すことができるため、より効率的な資産形成を実践することが可能です。


-----------------


そしてもう一つおすすめの制度であるイデコは、ゆとりある老後生活を送るための私的年金制度です。


国民年金等の公的年金とは異なり強制加入の制度ではなく、自ら掛け金を拠出し、自己責任のもと運用し、それまで積み立てた資産を受け取る仕組みを採用しています。


イデコの最大の特徴は、拠出時と運用時、そして受取時にも税制優遇メリットを享受できることでしょう。つまり、拠出時には掛け金の全額が所得控除の対象となり、所得税および住民税を節税することができます。


また運用時には、つみたてNISA同様に、運用益が非課税になります。そして受取時には、これまで積み立てた資産を年金として受け取る場合には公的年金等控除の対象に、一時金として受け取る場合には退職所得控除としてそれぞれ税制優遇を受けることができます。

つみたてNISAやイデコで投資を実践

まとめ

最後となりますが、今回は投資業界の偉人レイ・ダリオが初公開した個人投資家でも実践できる運用ポートフォリオをご紹介してきました。


皆さんが住む日本ではつみたてNISAやイデコを活用することで、非課税口座の節税効果を発揮した資産運用を実践することができます。


どんな経済環境下においても負けないレイ・ダリオの運用ポートフォリオを参考に、皆さんも自分自身の黄金ポートフォリオを構築されてみてはいかがでしょうか。


 

Written by ファイナンシャルライター
元外資系証券マン。現在はフリーランスとして金融関連の記事を執筆しています。趣味は海外旅行、海外サッカー観戦など。

PICK UP NEWS