税金・税務・財務・資産運用

税務調査とは?

確定申告をすることで、副業の税金を支払うことができます。確定申告をしないということは、納税をしない、つまり脱税をしたことになります。もしも確定申告を怠ると、ペナルティが発生します。たとえ会社員だったとしても、副業で利益を得ていれば、それは税務署の知るところとなります。いざ税務調査が行われると、確実にバレ、より高額の税金を追徴されるでしょう。

税務調査とは?

税務調査とは?

税務調査とは、税務署などの機関が個人や法人などを対象に税金が正しく納付されているのかを調べることを指します。税務調査の対象は企業などの法人だけではありません。個人も対象となりますので、副業をしている会社員であっても税務調査を受けることはあります。よく税務調査は売上が1000万円を超えると入ると言われていますが、実際はそのようなことはありません。1000万円以下でも税務調査の対象になることがあります。

税務調査とは?

もしも税金を払っていなかった場合

確定申告を怠った方に対して税務調査が入るとどうなるのでしょうか?まず税務調査が入ると、税務調査員が直接自宅までやってきて、過去のお金のやり取りをすべて調べます。この時、銀行の入出金の記録なども過去にわたって調べることになります。ここで未払いの税金が発覚した場合、本来払うべき税金に加え、延滞税などが加算されます。最終的に追徴される税額は、本来払うべき税額を上回るでしょう。

もしも税金を払っていなかった場合

副業でも税務調査は来るのか?

結論から述べると、たとえ副業であっても税務調査はやってきます。最近はアフィリエイトでも稼げるということを税務署が知っているからなのか、アフィリエイトなどのネットビジネスで儲けている方にも税務調査は入ります。他にも、ネットオークションで儲けているという方であっても、税務調査が入ることがあります。金額面においても、儲けが少額なら来ないという理屈はありません。たとえ少額でも、税務調査が入ることがある以上、自分だけは大丈夫ということはありません。副業だからといって税務調査が入らない理由にはならないのです。

副業でも税務調査は来るのか?

バレる理由とは?

確定申告をしていないということは、一見すると税務署にこちらの収入がバレていないように思われます。にも関わらず、バレて税務調査が入る理由とは一体何なのでしょうか?税務署に副業による収入があることがバレる理由というと複数あります。まず、ネットで目立っている人ほど、税務調査の対象になりやすいです。税務署の職員もネットは見ています。SNSで稼いでいると言っているにも関わらず、納税額が低い人が見つかると、税務調査の対象になりやすいです。他にも、他の人からの密告や、取引先が税務調査の対象になることで芋づる式に発覚する、などのケースが考えられます。さらに、税務署は銀行の取引記録などを監視できる立場にいるため、銀行口座に高額の入金があると、やはり税務調査の対象になりやすいです。

バレる理由とは?

税務調査に選ばれた時の対策

もしも税務調査に選ばれた時、どうしたら良いのでしょうか?まず、払っていない税金がある可能性があるならば、税理士に相談しましょう。プロに相談することが、最善の対策となります。さらに、帳簿や決算関係の書類は必ず用意しておいてください。税務調査は過去数年にわたって行われるので、今年の分だけでなく、過去の書類も用意しましょう。過去の銀行の明細などを準備したら、それらを税理士に渡し、税務調査の手続きはすべてプロに一任しましょう。プロに任せることで、最善の方法を提案してもらえます。

税務調査に選ばれた時の対策

Written by グレーテル
光回線の訪問営業を経験後、現在はWEBライターとして独立して活動中です。
主な執筆テーマはFXや株などの資産運用です。仮想通貨の記事についても執筆しています。
執筆活動の傍らで投資活動も行っています。普段はビットコインなどを対象にしたFX取引を行っています。短期投資をする際には、テクニカル分析を使用したトレードを実践しています。

KETWORD

PICK UP NEWS