税金・税務・財務・資産運用

投資信託とは?

これから資産運用を始めるにあたり、どの金融商品を選べば良いのでしょうか?投資といっても、様々です。株やETF、REITなど、種類が多いです。もしもまだ資産運用は初めたばかりで、どの銘柄を選べば良いのかで悩んでいるのであれば、投資信託から始めてみましょう。

投資信託とは?

投資信託の特徴

投資信託とは、ファンドなどの運用のプロに投資をすることで、投資家に代わってプロに運用してもらえるという金融商品です。投資家が直接株などの商品を購入して運用をする方法と違って、投資信託ではファンドが投資家から集めた資金で株などの金融商品を売買し、利益を得ることになります。ファンドが運用に成功し、純資産が増えると、投資信託の基準価額が上がります。この基準価額が値上がりした後に保有する投資信託を売却すれば、利益を得ることができます。

投資信託の特徴

投資信託の利益とは?

投資信託の利益というと、まず保有する投資信託を売却することで得られる売却益と、定期的に生じる分配金の二種類があります。分配金は、投資信託の決算日に発生します。年に何回分配金がもらえるかは、ファンドによって異なります。年に1回分配金が出るファンドもあれば、毎月分配型のような毎月分配金が発生する投資信託もあります。たとえ投資信託の基準価額が下がったとしても、分配金を含めると利益が出るというのであれば、その運用は成功していると判断できます。

投資信託の利益とは?

投資信託のメリットとは?

投資信託も株同様に、値上がりによる利益と分配金によるインカムゲインを得ることができます。そして、投資信託には、株にはないメリットがあります。まず、投資信託は少額から購入可能です。証券会社によっては、100円からでも積立可能です。さらに、運用はプロに一任することができるので、銘柄選びに悩む心配がありません。日本経済が好調だと思うならば、日経平均をベンチマークしているインデックスファンドに投資をすると良いでしょう。そして、投資信託を購入すると、それだけで分散投資をするのと同じ効果を得ることができるというメリットがあります。投資信託では、投資家から預かった資産を様々な運用商品に配分することになります。つまり、ファンドが投資家に代わって分散投資をしてくれるということです。

投資信託のメリットとは?

投資信託のデメリット

投資信託にはメリットもあれば、デメリットもあります。まず、投資信託には信託報酬と呼ばれる手数料があります。この手数料は、投資信託を保有している期間中に発生するコストです。たとえ販売手数料が無料の投資信託であっても、この信託報酬が高いと、結果的にコスト高になる恐れがあります。投資信託を購入する際には、販売手数料だけでなく、信託報酬にも注意を払いましょう。

投資信託のデメリット

証券会社の選び方

国内には様々な投資信託が存在しますが、一つの証券会社がすべての投資信託を取り扱っているということは基本的にありません。証券会社によって、投資信託を取り扱っている本数に違いがあります。そのため、投資信託を始めるのであれば、できるだけ取り扱い本数が多い証券会社を探しましょう。同時に、最低投資金額が安い証券会社を選ぶようにしましょう。最低投資金額も、証券会社によって違いがあります。最低投資金額が100円からの、少額投資が可能な証券会社を選べば、少ない負担で運用を始められるので、所得が低い方でも安心して資産運用を始められます。

証券会社の選び方

Written by グレーテル
光回線の訪問営業を経験後、現在はWEBライターとして独立して活動中です。
主な執筆テーマはFXや株などの資産運用です。仮想通貨の記事についても執筆しています。
執筆活動の傍らで投資活動も行っています。普段はビットコインなどを対象にしたFX取引を行っています。短期投資をする際には、テクニカル分析を使用したトレードを実践しています。

PICK UP NEWS