IT・WEB開発

サイト構築・ウェブ開発におけるレスポンシブ対応とは?

サイト構築・ウェブ開発を行う際に、サイト・ウェブサービスのユーザビリティ(顧客やユーザーの使い勝手の良さ)を追及することは、生産性向上や購買率につながる重要な要素です。中でもスマートフォンのユーザビリティの向上は、サイト構築・ウェブ開発では避けては通れないプロセスといえます。今回はスマートフォンの最適化に必要なレスポンシブ対応をご紹介いたします。

サイト構築・ウェブ開発におけるレスポンシブ対応とは?

そもそもレスポンシブ対応とは何?

サイト構築・ウェブ開発におけるレスポンシブ対応とは、PC(パソコン)、タブレット、スマートフォン、携帯電話(ガラケー)などの端末から同一のURLにアクセスしたとしても、それぞれの端末で見た際にデザインや構成に違和感がないように設計することを指します。一般的に同一のHTMLコードを記述し、CSS(スタイルシート)によって、各端末への表示方法を指定します。

そもそもレスポンシブ対応とは何?

レスポンシブ対応のメリットとは?

レスポンシブ対応のメリットは、各端末毎にページを表示するのではなく、ひとつのHTMLのみを使って、それぞれ最適化された表示を行える点が挙げられます。サイト構築・ウェブ開発における工数を削減でき、サイト・ウェブサービスの運用・保守もしやすい構成・作りにすることが可能です。またサイト・ウェブサービスを利用するユーザーの使い勝手を向上させることもできます。

レスポンシブ対応のメリットとは?

レスポンシブ対応のデメリットとは?

レスポンシブ対応のデメリットには、対象となるサイト・ウェブサービスの情報量が多い場合、スマートフォンでの読み込みが遅くなってしまう現象が挙げられます。そのためサイト構築・ウェブ開発においては、要件定義の段階でレスポンシブ対応が挙がった場合、ウェブサイト高速化・表示速度の改善などの対策が必要です。

レスポンシブ対応のデメリットとは?

適切なレスポンシブを行うには?

サイト構築・ウェブ開発において、適切なレスポンシブを行う際はレスポンシブ対応へのコーディング経験が豊富なWebデザイナーやフロントエンドエンジニアとともに開発を行うことが有効です。ヒアリング・リサーチでレスポンシブ対応が必要となった際は、レスポンシブ対応に特化した人材を用意しなければいけません。

適切なレスポンシブを行うには?

Written by woogen
IT企業でのプロデューサー、マネージャーとして、Web企画・サービスを経験し、その後、フリーランスとして独立。
経営、マーケティング、人事などを中心に執筆活動を行うWebライター。
現在、物販やホームページ制作、近年では個人事業主向けにSEO対策代行も行っています。
noteでも執筆を開始。

PICK UP NEWS