IT・WEB開発

サイト構築・ウェブ開発に関わる職業とは?

サイト構築・ウェブ開発では、発注主との窓口や打ち合わせを担当するプロデューサー、開発現場を担うディレクターやデザイナー、エンジニアなど多岐に渡ります。近年では、ディレクター兼エンジニアやプロデューサー兼デザイナーなど複数の職種を掛け持ちする優秀な人材も登場しています。今回はサイト構築・ウェブ開発に関わる職種について、ご紹介いたします。

サイト構築・ウェブ開発に関わる職業とは?

サイト構築・ウェブ開発の職種は2+1

Web業界では3種類の職種に大別できます。まずは営業やプロデューサーといった発注主の窓口や交渉役となる職種、そして実際にサイト構築・ウェブ開発を担うディレクターやデザイナー、エンジニアなどの職種、そして完成後のサイト・ウェブサービスを運用するマーケターやアナリストなどのマーケティング関連の職種が挙げられます。サイト構築・ウェブ開発では、主にマーケティング関連の職種以外が主に担当します。しかしその後の運用を考えると、マーケティング関連職種がサイト構築・ウェブ開発に部分的に関わることも珍しくありません。

サイト構築・ウェブ開発の職種は2+1

プロデューサー職

サイト構築・ウェブ開発というプロジェクト全体を統括するプロデューサー。発注主へのヒアリング・リサーチだけでなく、制作チームの編成からサイト・ウェブサービスの企画、予算管理など全般を担います。そのため高度なプロジェクトマネジメント能力や問題解決能力だけでなく、制作チームを率いる強いリーダーシップが求められます。

プロデューサー職

ディレクター・デザイナー・エンジニア職

サイト構築・ウェブ開発の中核を担う職種がディレクター、デザイナー、エンジニアです。ディレクターは現場の制作進捗、品質、納期を遵守しながら、制作を統括していきます。デザイナーが担うUI設計は現在のサイト構築・ウェブ開発には欠かせない分野であり、完成後の生産性・売上向上に大きな影響を与えます。そしてエンジニアは、発注主の要望をシステムに落とし込む重要な役割を担います。

ディレクター・デザイナー・エンジニア職

マーケター・アナリスト職

サイト構築・ウェブ開発においては、直接関わる機会が少ない職種ですが、リリース後の運用やサービス稼動に欠かせない職種です。そのためサイト構築・ウェブ開発の段階で、抽出するデータに必要な要件を決定しなければいけません。発注主との交渉や開発段階にも関わるべき職種として注目されています。

マーケター・アナリスト職

Written by woogen
IT企業でのプロデューサー、マネージャーとして、Web企画・サービスを経験し、その後、フリーランスとして独立。
経営、マーケティング、人事などを中心に執筆活動を行うWebライター。
現在、物販やホームページ制作、近年では個人事業主向けにSEO対策代行も行っています。
noteでも執筆を開始。

PICK UP NEWS