IT・WEB開発

サイト構築・ウェブ開発に欠かせないディレクターとは?

サイト構築・ウェブ開発において、ディレクターは重要な役割を担います。主に開発現場の統括を担いますが、企業によっては、発注主との打ち合わせやヒアリング、企画提案、予算管理などを行うことも。今回はサイト構築・ウェブ開発の司令塔であるディレクターの必要スキルや職務内容などをご紹介いたします。

サイト構築・ウェブ開発に欠かせないディレクターとは?

あらゆる知識と経験が求められるディレクター

サイト構築・ウェブ開発の現場監督であるディレクターは、プロデューサーに求められえる問題解決力や強いリーダーシップだけでなく、UIデザイン、HTML・CSSのコーディング知識、C言語やphp、Javaスクリプトなどのプログラム言語、データサーバ・ネットワークなどの最低限の知識が求められます。そのためデザイナーやエンジニアのキャリアパスとしても挙げられ、兼業する優秀な人材も存在します。

あらゆる知識と経験が求められるディレクター

ディレクターに求められるスキルとは?

発注主やプロデューサー、制作現場を担うデザイナーやエンジニアなどサイト構築・ウェブ開発に関わるすべての関係者と連携する必要があるディレクター。そのため、高いコミュニケーション能力や問題解決力、対人折衝能力などが求められます。また、職務範囲も幅広く、サイト構築・ウェブ開発のスケジュールに沿った柔軟な判断力が必要なことも。迅速な意思決定をするためにもWeb全般の知識が求められます。

ディレクターに求められるスキルとは?

ディレクターの職務とは?

ディレクターはサイト構築・ウェブ開発の規模によって、担当する職務範囲も変わります。一般的に挙げられるのは、サイト構築・ウェブ開発の企画提案や納期遵守とのためのスケジュール・進捗管理などです。また、トラブルや懸念点を整理し、周囲メンバーを巻き込みながら、解決に導く役目も担います。中にはデザインや開発といった作業を似ないながら、サイト構築・ウェブ開発のディレクションを行う人材も存在します。

ディレクターの職務とは?

ディレクターのキャリアプランとは?

サイト構築・ウェブ開発に関わるすべての職種に通じるディレクターのキャリアプランは、より大局的なプロジェクト管理を求められ、強い権限や経営にかも関わることもあるプロデューサーなどが挙げられます。中には、プロフェッショナルとして、デザイナーやエンジニア、マーケターなどの専門職を選ぶ方も存在します。

ディレクターのキャリアプランとは?

Written by woogen
IT企業でのプロデューサー、マネージャーとして、Web企画・サービスを経験し、その後、フリーランスとして独立。
経営、マーケティング、人事などを中心に執筆活動を行うWebライター。
現在、物販やホームページ制作、近年では個人事業主向けにSEO対策代行も行っています。
noteでも執筆を開始。

PICK UP NEWS