IT・WEB開発

サイト構築・ウェブ開発に欠かせないWebデザイナーとは?

ビジネス上の問題点や課題の解決を促すサイト構築・ウェブ開発において、UIデザインは重要な役割を担います。そのため、ユーザビリティに優れ、利用者の目を引くデザインを手がけるWebデザイナーはサイト構築・ウェブ開発業界においても重宝される職種です。

サイト構築・ウェブ開発に欠かせないWebデザイナーとは?

重宝されるWebデザイナーとは?

完成後のサイトやウェブサービスに大きな影響を残すWebデザイナー。近年ではマークアップ・エンジニアが担うHTML5やCSS3、JQuery、Javaスクリプトなどの知識を有し、コーディング作業を行うWebデザイナーも存在します。システムエンジニアとも連携しながら、作業を進めることも少なくないため、サイト構築・ウェブ開発に関する知識や実務経験を持つWebデザイナーが重宝されます。

重宝されるWebデザイナーとは?

Webデザイナーに求められるスキルとは?

Webデザイナーにはデザインに関わる配色やページレイアウトに関わる基本知識はもちろん、PC、スマートフォン、タブレットそれぞれの端末に合ったユーザビリティに関する知識、またピクセル単位での緻密なデザイン設計力が求められます。常日頃からサイト構築・ウェブ開発業界のデザイン流行を押さえ、プロジェクトに反映させる提案力も求められます。そのため、高いデザイン能力の他にも優れたコミュニケーション能力、提案力が必要です。

Webデザイナーに求められるスキルとは?

Webデザイナーの職務とは?

サイト構築・ウェブ開発では、サイトやウェブサービスのデザイン、コーディングが主な作業となります。デザインファイルの命名規則の決定やHTML・CSS内でのエンジニアへの指示などの作業も行います。デザインに注力するWebデザイナーが一般的です。

Webデザイナーの職務とは?

Webデザイナーのキャリアプランとは?

成果物を実績として残しやすいWebデザイナーは、UI設計やページデザインなどに特化したプロフェッショナルを目指せる職種といえます。また、Webデザイナーを統括するデザインマネージャーや製作現場やプロジェクト全般を管理するディレクターやプロデューサーとしてのキャリアを目指すことも可能です。

Webデザイナーのキャリアプランとは?

Written by woogen
IT企業でのプロデューサー、マネージャーとして、Web企画・サービスを経験し、その後、フリーランスとして独立。
経営、マーケティング、人事などを中心に執筆活動を行うWebライター。
現在、物販やホームページ制作、近年では個人事業主向けにSEO対策代行も行っています。
noteでも執筆を開始。

PICK UP NEWS