IT・WEB開発

サーバー・ネットワーク構築の正しい導入手順とは?

自社のシステムを継続的かつ安定した状況で使うためには、サーバー・ネットワーク構築の段階で、目的や方法を整理し、正しい手順を用意しなければいけません。今回はサーバー・ネットワーク構築の正しい導入手順をご紹介いたします。

サーバー・ネットワーク構築の正しい導入手順とは?

「継続的」をキーワードに3つの手順を実施!

サーバー・ネットワーク構築の際に、最も重要視しなければいけないのが、システムの継続です。どんなに優れたシステムでも継続的に使用されなければ意味がありません。そのため、サーバー・ネットワーク構築では「継続」を念頭に「現状調査・要件の理解」、「シンプルな設計」、「管理方法の可視化」の3つの手順で進めていくことが望ましいといえます。

「継続的」をキーワードに3つの手順を実施!

現状調査と要件への正しい理解

継続的に使用されるシステムの構築では、現状のシステム環境に対する現状調査を行い、サーバー・ネットワーク構築の際に発生するトラブルへの対応を最小限に抑える取り組みが大切です。また、保守・運用の際には想定外への要件追加にも柔軟に対応できるように、求められる業務に合ったサーバー・ネットワーク設計を行わなければいけません。

現状調査と要件への正しい理解

シンプルな設計を目指す

長期的なシステムの構築は、トラブルへの対応や管理の手間を最小限に抑えられるシンプルな設計が望ましいといわれています。そのため、基盤となるサーバー・ネットワーク構築では、自社のシステム環境に合い、かつ保守・運用がしやすい設計が必要です。サーバー・ネットワーク上の問題点を発見しやすいように、シンプルな設計にしておくことで、管理の手間も大幅に削減できます。

シンプルな設計を目指す

管理方法の可視化

サーバ・ネットワークのトラブルは、サービス自体の存続を危ぶむ原因にもなります。そのため、サーバー・ネットワークの管理者や担当者が通信環境やネットワーク全体を適切に管理できるように、管理方法を可視化しておかなければいけません。具体的な方法として、管理方法やトラブル対応のマニュアル化や外部の運用・保守専門会社への委託などが挙げられます。また、万が一のトラブルや障害発生に対応できる対応策をサーバー・ネットワーク構築の段階から策定しておくことも効果的です。

管理方法の可視化

Written by woogen
IT企業でのプロデューサー、マネージャーとして、Web企画・サービスを経験し、その後、フリーランスとして独立。
経営、マーケティング、人事などを中心に執筆活動を行うWebライター。
現在、物販やホームページ制作、近年では個人事業主向けにSEO対策代行も行っています。
noteでも執筆を開始。

PICK UP NEWS