IT・WEB開発

サーバー・ネットワーク構築のメリットとは?

顧客向けのインターネットサービスの提供や従業員の生産性向上を目的としたシステム導入にか欠かせないサーバー・ネットワーク構築は、さまざまなメリットを企業に与えてくれます。今回はサーバー・ネットワーク構築のメリットをご紹介いたします。

サーバー・ネットワーク構築のメリットとは?

3つの視点でメリットを考える

サーバー・ネットワーク構築は、「情報のバックアップ」、「クラウド型サービスの登場」、そして「業務負担の軽減」という3つの視点からメリットを知ることができます。中でも「業務負担の軽減」は企業業績に直結しやすい項目であり、経営戦略上でも重視されやすい課題といえます。

3つの視点でメリットを考える

情報のバックアップ

サーバー・ネットワーク構築の中に、ファイルサーバーやメールサーバーという項目が存在します。サーバーに電子化された文書やメールを保管しておくことで、パソコンが壊れてしまっても情報を復元することができます。また、スマートフォンやタブレットなどで、外出先からファイルやメールに自由にアクセスできるため、情報共有速度を促進できます。

情報のバックアップ

クラウド型サービスの登場

現在、インターネットを介して、さまざまなITリソースを利用できるクラウド型サービスが登場しています。手元にあるソフトウェアやデータを保管しなくともサービスの利用や閲覧が可能となります。このクラウド型サービスは、大規模なサーバー・ネットワーク構築のひとつといわれており、今後も拡大していくことが予想されています。大規模な開発期間やコストがかかる従来のサーバー・ネットワーク構築よりも手軽に行えることから、経営資源が少ない中小企業にも導入しやすいサービスとして知られています。

クラウド型サービスの登場

業務負担の軽減

サーバー・ネットワーク構築は、閲覧・アクセス権限や情報の一元管理が可能なため、情報システム部門単体での管理できます。そのため、従来、各部署で行っていた作業が省略され、注力すべき業務に集中することができます。また、セキュリティ対策として、端末にインストールされているセキュリティソフト自体をサーバーにインストールすることで、社員や端末の監視コストも削減できます。

業務負担の軽減

Written by woogen
IT企業でのプロデューサー、マネージャーとして、Web企画・サービスを経験し、その後、フリーランスとして独立。
経営、マーケティング、人事などを中心に執筆活動を行うWebライター。
現在、物販やホームページ制作、近年では個人事業主向けにSEO対策代行も行っています。
noteでも執筆を開始。

PICK UP NEWS