IT・WEB開発

サーバー・ネットワーク構築におすすめのLinuxとは?

Linuxは大規模な開発やネットワーク、データベースに関わる開発に向いたOSといわれています。今回はサーバー・ネットワーク構築におすすめのLinuxについて、ご紹介いたします。

サーバー・ネットワーク構築におすすめのLinuxとは?

Linuxとは?

Linuxとは、1991年に公開されたサーバーOSのひとつで、大規模なシステム開発に使用するサーバーから、パソコン、スマートフォンといった小さなシステムにも使用されています。また、Webアプリにも使用されるサーバーOSのため、現在のサーバー・ネットワーク構築で選択されやすいOSといえます。

Linuxとは?

Webアプリの開発にも最適!

スマートフォンやタブレットの爆発的な普及により、あらゆるサービスがWebアプリで利用されています。そのため、企業の顧客向けサービスとして、Webアプリを使用する際のサーバー・ネットワーク構築はLinuxを使うことになります。現在、アプリ開発をはじめ、ITエンジニアの人手不足が指摘されており、今後も高い需要が予想されています。キャリアアップや転職を考える方にとって、Linuxを使ったサーバー・ネットワーク構築は貴重なスキルとなります。

Webアプリの開発にも最適!

豊富な種類が存在するLinux

Linuxにはさまざまな種類があり、一般的にオリジナルを指すLinuxカーネルと、その他のLinuxを指すLinuxディストリビューションがあります。前者は無料で利用、再配布も可能なOSのため、独自のLinuxディストリビューションの開発に利用されています。後者は高性能なシステム環境で利用できるLinuxとして知られており、オープンソース・プラットフォームのRed Hat Enterprise LinuxやAmazon Linuxなどが挙げられます。家庭や企業で使用されるLinuxのほとんどが後者のLinuxディストリビューションです。

豊富な種類が存在するLinux

Linuxのメリットとは?

Linuxが幅広く利用されている背景には、性能が低いパソコンでも問題なく動作するという点です。将来が不確実性が増す中、サーバー・ネットワーク構築に大規模な費用をかける企業の数は限られています。しかし、Linuxで構築されたサーバー・ネットワークは低性能な端末でも利用できるため、重宝されています。

Linuxのメリットとは?

Written by woogen
IT企業でのプロデューサー、マネージャーとして、Web企画・サービスを経験し、その後、フリーランスとして独立。
経営、マーケティング、人事などを中心に執筆活動を行うWebライター。
現在、物販やホームページ制作、近年では個人事業主向けにSEO対策代行も行っています。
noteでも執筆を開始。

PICK UP NEWS