IT・WEB開発

サイト構築・ウェブ開発の相場とは?

サイト構築・ウェブ開発は、一言で表せないほど範囲が広く、サイトやウェブに求める目的や実装したい機能によっても開発費用は異なります。今回は需要の高いサイト・ウェブに注目し、サイト構築・ウェブ開発の相場をご紹介いたします。

サイト構築・ウェブ開発の相場とは?

需要の高いサイト・ウェブとは?

インターネットやテクノロジーの普及・発展により、個人でも簡単にサイトやウェブサービスを開設できるようになりました。中でも電子商取引市場が全世界で拡大する中、ECサイトやCMS(コンテンツマネジメントシステム)などの需要が高まっています。その他にもマッチングサイトや口コミサイトといった、人やビジネスを結びつけるサイトも需要が高まっています。

需要の高いサイト・ウェブとは?

EC関連のサイト構築・ウェブ開発の相場とは?

EC専門のプラットフォームが次々と登場する中、自社や個人商店の専用ECサイトを開設したいというい需要も高まっています。一般的に自前でECサイト構築・ウェブ開発を行うのに必要な費用は最低50万からといわれています。扱う商品数や支払い方法の数、また個人情報保護の観点からのセキュリティ対策のレベルによっても費用は増える傾向にあります。そのため自前でECサイト構築・ウェブ開発を行う場合は少なくとも50~100万円は必要になることを覚えておきましょう。

EC関連のサイト構築・ウェブ開発の相場とは?

CMS関連のサイト構築・ウェブ開発の相場とは?

CMSとは、HTMLやCSSといったサイト・ウェブに関する知識がない方でも簡単に更新ができる管理ツールを指します。近年、Wordpressなどを使って、簡単にブログや自社サイトを構築することができます。こうしたオープンソースを利用したサイト構築・ウェブ開発であれば、50万以下で構築することも可能です。一方、すべて自前で用意する場合は、最低50万は必要といわれています。

CMS関連のサイト構築・ウェブ開発の相場とは?

マッチングサイト関連のサイト構築・ウェブ開発の相場とは?

インターネット上でビジネス、人を結びつけるマッチングサイトでは、会員登録やサイト内ポイント、決済機能といったデータベースを必要とする機能が必要です。また近年では、マッチングの精度を高めるためにAIを導入しているサイト、ウェブサービスも珍しくありません。そのためマッチングサイトの構築では、100万~が相場といわれています。

マッチングサイト関連のサイト構築・ウェブ開発の相場とは?

Written by woogen
IT企業でのプロデューサー、マネージャーとして、Web企画・サービスを経験し、その後、フリーランスとして独立。
経営、マーケティング、人事などを中心に執筆活動を行うWebライター。
現在、物販やホームページ制作、近年では個人事業主向けにSEO対策代行も行っています。
noteでも執筆を開始。

PICK UP NEWS