IT・WEB開発

Excel VBA・マクロ開発入門!VBA・マクロとの違いとは?

小規模チームや個人の業務を効率化してくれるプログラム開発に長けたExcel VBA・マクロ。プログラム初心者の方でも気軽に取り組めます。今回はビジネス活動を円滑にするExcel VBA・マクロの違いをご紹介いたします。

Excel VBA・マクロ開発入門!VBA・マクロとの違いとは?

混合されやすいVBAとマクロ

Excel VBA・マクロ開発は異なるプログラムではなく、ひとつで考える必要があります。VBAはVisual Basic Applicationの略称で、Microsoft officeを動かすためのプログラミング言語です。一方で、マクロとはExcelに備わっている機能のひとつで、Excel意外にもWordやPowerPoint、Accessにも標準搭載されている機能です。しかし、Excel VBA・マクロ開発をする際はセットで考える必要があります。

混合されやすいVBAとマクロ

マクロの機能をしっかりと理解しよう

マクロとは、自動化したい作業を自動化するための機能と覚えておくと良いでしょう。また、マクロを起動させるには、開発タブの「コード」から「マクロのセキュリティ」をクリックすることで、マクロを有効にできます。その後、開発タブの「コード」で「マクロ」をクリックすれば、マクロの編集が可能となります。

マクロの機能をしっかりと理解しよう

VBAはプログラム言語

VBAはマクロを動かすためのプログラム言語であり、ある程度プログラム制御文やメソッドを覚えなければいけません。しかし、プログラム制御文もExcelの関数を使ったことがあれば、スムーズに理解できます。「If~Else」や「Select Case」、「For~Next」、「Do~Loop」、「Exit」などが良く使われるプログラム制御文として知られています。

VBAはプログラム言語

メソッドの活用で開発の幅広がる

Excel VBA・マクロ開発でも、プログラミング制御文以外にメソッドといわれるクラス・オブジェクトに所属するグループ(サブルーチン)を活用できます。検索や連続検索、オートフィルタなど初めからプログラミングをすることなく、処理を実行できます。

メソッドの活用で開発の幅広がる

Written by woogen
IT企業でのプロデューサー、マネージャーとして、Web企画・サービスを経験し、その後、フリーランスとして独立。経営、マーケティング、人事などを中心に執筆活動を行うWebライター。
現在、物販やホームページ制作、近年では個人事業主向けにSEO対策代行も行っています。noteでも執筆を開始。

PICK UP NEWS