IT・WEB開発

Excel VBA・マクロ開発のおすすめの勉強方法とは?

ビジネス上でExcelを使うことに慣れた次のステップとして、取り組みやすい機能がExcel VBA・マクロ開発です。関数よりも複雑な業務処理を行えます。今回はExcel VBA・マクロ開発の、おすすめの勉強方法をご紹介いたします。

Excel VBA・マクロ開発のおすすめの勉強方法とは?

実際に作ってみることが大切

Excel VBA・マクロ開発を学ぶには、実際に自動化したい業務を明確にした上で、 VBA・マクロに触れてみることが効果的です。Excel VBA・マクロ開発は視覚的にプログラムを組めるように設計されているため、プログラミングの結果も確認しやすく、学習効率が高まります。

実際に作ってみることが大切

まずは簡単な処理から始める

いかにプログラミング初心者に取り組みやすいExcel VBA・マクロ開発といえど、難易度の高いマクロを作りこもうとすると挫折の原因となってしまいます。そのため、今まで手作業で行ってきた簡単なExcel上の業務をマクロで実行し、VBAでどのような処理になっているかを確認しながら、学んでいくことがおすすめです。

まずは簡単な処理から始める

マクロの編集スキルを高める

Excel VBA・マクロ開発では、開発タブの「マクロの記録」を使うことで、簡単にVBAを組むことができます。しかし、「マクロの記録」機能ばかりを使っていると細かい処理や応用につなげられず、複雑な業務処理を要するExcel VBA・マクロ開発にスキルが至らない場合があります。そのため、ある程度、Excel VBA・マクロ開発の仕組みを理解したら、実際にVBAを編集し、細かい処理を実行できるように練習することがおすすめです。

マクロの編集スキルを高める

参考書や書籍は参考程度に!

Excel VBA・マクロ開発に限らず、プログラミングの学習において、参考書や書籍を読んで勉強する方が少なからずいらっしゃいます。しかし、Excel VBA・マクロ開発も自分が作ってみたい業務自動化システムを明確にし、試行錯誤しながら、作成してくことが勉強方法として最適です。そのため、参考書や書籍は辞書代わりで活用し、開発段階の参考として使用しましょう。

参考書や書籍は参考程度に!

Written by woogen
IT企業でのプロデューサー、マネージャーとして、Web企画・サービスを経験し、その後、フリーランスとして独立。
経営、マーケティング、人事などを中心に執筆活動を行うWebライター。
現在、物販やホームページ制作、近年では個人事業主向けにSEO対策代行も行っています。
noteでも執筆を開始。

PICK UP NEWS