IT・WEB開発

Webプログラミングとは

私たちの生活に密接に結びついたインターネットやWebサービス。今後も需要が高まっていくことから、未経験からWebプログラミングを始める人が増えています。今回はWebプログラミングの基本知識をご紹介いたします。

Webプログラミングとは

非エンジニアでも挑戦できるWebプログラミング

Webプログラミングといえば、理系出身の方が難しいプログラミング言語を扱うイメージが強いといえます。しかし、現在ではデザイナーやプランナーといった非エンジニアの方も扱う機会が増えており、初心者の方でも身に付けやすいスキルといえます。今回はWebプログラミングの基本知識をご紹介いたします。

非エンジニアでも挑戦できるWebプログラミング

フロントサイドとサーバーサイド

Webプログラミングは大きく分けて、フロントサイドとサーバーサイドの2つに分けられます。フロントサイドはHTMLやCSS、JavaScriptといったプログラミング言語を使用し、主にWebサービスの文章や背景、動的な演出を構築するのに使われます。一方でサーバーサイドでは、JavaやC言語、Ruby、PHPなどのプログラミング言語を使い、アプリケーションやDB、サーバーを使い、Webサービスの根幹を支える仕組むを構築するために使われます。

フロントサイドとサーバーサイド

キャリアアップにも使えるWebプログラミング

AI(人工知能)やロボットが発達する中で、一般のビジネスパーソンにもWebプログラミングを求められる機会が増えています。データベースに蓄積された顧客・売上データは企業の売上・利益の向上につながります。そのため、Webプログラミングの習得は最前線で活躍するビジネスパーソンにとってもキャリアアップにつながります。

キャリアアップにも使えるWebプログラミング

まずはHTMLやCSSを覚えよう!

Webサービスの構築に欠かすことができないHTMLとCSSは、Webプログラミングの習得に欠かせないプログラミング言語といえます。また、構造もわかりやすいため、Webプログラミング初心者の方にとっても学びやすいのが特徴です。Webプログラミングに興味があり、扱った経験がない方はHTMLやCSSから学んでみるのが良いでしょう。

まずはHTMLやCSSを覚えよう!

Written by woogen
IT企業でのプロデューサー、マネージャーとして、Web企画・サービスを経験し、その後、フリーランスとして独立。
経営、マーケティング、人事などを中心に執筆活動を行うWebライター。
現在、物販やホームページ制作、近年では個人事業主向けにSEO対策代行も行っています。
noteでも執筆を開始。

PICK UP NEWS