IT・WEB開発

Webプログラミングの相場とは?

普段の生活からビジネスシーンに欠かすことができない情報システム。その結果、Webプログラミングのスキルを持つ人材の需要も高まっています。今回はWebプログラミング開発の相場について、ご紹介いたします。

Webプログラミングの相場とは?

プログラミング言語によって、相場が違う?

Webプログラミングの相場は、雇用形態や扱うプログラミング言語によって、異なります。また、取り扱う情報システムやWebサービスの規模や、クライアントの企業規模によっても、相場には大きな違いがあります。一方で、小規模のシステム開発の需要も高まっており、クラウドソーシングや派遣会社、個人事業主などを活用することで、費用を抑えられます。

プログラミング言語によって、相場が違う?

派遣によるWebプログラミングの相場は?

一時的な人手不足や開発期間のみの雇用を希望する場合、派遣会社を通して、Webプログラミングを依頼できます。一人のWebプログラマーは、一般的に月単価40~60万円の費用が相場とされています。派遣でWebプログラミングを行うWebプログラマーは、月あたり23~35万前後の報酬を得られます。

派遣によるWebプログラミングの相場は?

システムエンジニアの相場とは?

Webプログラミングの他に、大規模システム開発の設計やクライアントとの交渉、データベースに関する知識を有するシステムエンジニア(以下、SE)の相場は高い傾向がみられます。月あたりの費用は50~80万円となります。また、知識や経験に長けた上級SEは、月あたり90~120万円が相場といわれています。SEはWebプログラミング開発を担う大企業も多く、企業の規模によっては、相場が異なる場合があります。

システムエンジニアの相場とは?

java言語の相場とは?

世界中のシステムで使用されているjava言語。Webサービスやスマートフォン向けのアプリなど、現在需要の高いWebサービスに使用されています。今後はIoTなどの最新技術にも活用されていることから、相場が高騰している傾向がみられます。Javaによるプログラミングの単価は月あたり50~80万円が相場といわれています。開発するシステムやソフトウェアの規模によっても異なります。

java言語の相場とは?

Written by woogen
IT企業でのプロデューサー、マネージャーとして、Web企画・サービスを経験し、その後、フリーランスとして独立。
経営、マーケティング、人事などを中心に執筆活動を行うWebライター。
現在、物販やホームページ制作、近年では個人事業主向けにSEO対策代行も行っています。
noteでも執筆を開始。

PICK UP NEWS