IT・WEB開発

Webプログラミングに必要なスキルとは?

Webプログラミングは、Web業界未経験の方でも身につけやすいビジネススキルのひとつです。今後、テクノロジーの発展により、Webプログラミングを求められる機会が増えてくると考えられます。今回はWebプログラミングに必要なスキルについて、ご紹介いたします。

Webプログラミングに必要なスキルとは?

資格が必要のないWebプログラミング

Webプログラミングは、各プログラミング言語に関する基本知識が必要となりますが、資格がなければ、扱えないということはありません(高度なプログラミング技術や設計、DBを扱う業務では雇用主から資格を求められる場合があります)。どんなビジネスパーソンでも挑戦できるため、努力次第で習得できるスキルといえます。

資格が必要のないWebプログラミング

専門知識よりもヒューマンスキルが大切!

WebプログラミングはHTMLやCSS、phpといったプログラミング言語やWebサービスの仕組みなど最低限の知識が必要です。しかし、Webプログラミングは規模が大きくなればなるほど、一人でのプログラミングが難しくなります。そのため、Webプログラミングを円滑に進める上でも周囲の人と協力しながら、業務を進めるヒューマンスキルが必要です。

専門知識よりもヒューマンスキルが大切!

上級Webプログラミングで必要なスキルとは?

Webプログラミングの中にも、Webサービスにおける根幹を担うプログラミングが存在します。主な上級プログラミング言語は、セキュリティ関連やLinuxやリバースエンジニアリングなどのOSに関する知識、仕様書の理解に必要な英語力、システム上の問題解決能力などが求められます。

上級Webプログラミングで必要なスキルとは?

Webプログラミングに必要なヒューマンスキルとは?

Webプログラミングでは、実現したいWebサービスやシステム上の問題解決に創意工夫する必要があり、高い向上心と好奇心が求められます。また、規模の大きいシステムやWebサービスの開発は複数人で開発を進めることが多いため、高いコミュニケーション能力や周囲の人間との協調性、自己管理能力の他にも長い開発期間やトラブル対応をこなすための忍耐力も求められます。

Webプログラミングに必要なヒューマンスキルとは?

Written by woogen
IT企業でのプロデューサー、マネージャーとして、Web企画・サービスを経験し、その後、フリーランスとして独立。
経営、マーケティング、人事などを中心に執筆活動を行うWebライター。
現在、物販やホームページ制作、近年では個人事業主向けにSEO対策代行も行っています。
noteでも執筆を開始。

PICK UP NEWS