IT・WEB開発

Webプログラミングに欠かせないWebプログラマーとは?

Webプログラミングは、ビジネス活動の幅を広げ、キャリアアップやスキルアップにつながりやすい時代に突入しつつあります。そのため、Webプログラマーを目指す人も増えています。今回はWebサービスに欠かせない職業であるWebプログラミングをご紹介いたします。

Webプログラミングに欠かせないWebプログラマーとは?

Webプログラマーという職種とは?

Webプログラマーとは、プログラミング言語を使って、Webサービスやソフトウェア、システムを作り上げる専門職です。HTML・CSSなどのWeb構築に必要な基本プログラムの他、phpやjava、RubyといったサーバーやDBを用いた基幹システムの構築も担います。Webプログラマーは、ゲームやWebサービス、システムの組み込みといったさまざまな業界や企業で必要とされている職種です。

Webプログラマーという職種とは?

Webプログラミングに必要な資格とは?

Webプログラマーとして活動するには、特段資格が必要ありません。しかし、大規模なWebサービスや情報システムの構築を専門的に開発する企業の場合、資格の取得を求められる場合があります。Webプログラミングには、国家試験である基本情報処理技術者の他に、C言語プログラミング能力認定試験、javaプログラミング能力認定試験などの資格があります。

Webプログラミングに必要な資格とは?

フリーランスとしても活動しやすいWebプログラマー

Webサービスや情報システムが充実していく中で、今後、Webプログラマーの需要も高まっていくことが予想されます。また、インターネットとパソコンがあれば、作業が行えるため、フリーランスとして活躍することも可能です。「働き方改革」が広がる中で、自由度の高く、長期的なキャリアを築けるWebプログラマーは、人気の高い職業といえます。

フリーランスとしても活動しやすいWebプログラマー

キャリアアップとしてもおすすめ!

Webプログラマーは専門的な知識や経験を深めるプロフェッショナルとしてのキャリアパスや、その他のプログラミング言語の習得や、Webプログラマーを統括するディレクターやプロジェクトマネージャーなどの管理職へのキャリアパスも選択できます。今後、Webプログラマーは需要が高まる職種でもあり、長い社会人人生におけるキャリアアップにおすすめです。

キャリアアップとしてもおすすめ!

Written by woogen
IT企業でのプロデューサー、マネージャーとして、Web企画・サービスを経験し、その後、フリーランスとして独立。
経営、マーケティング、人事などを中心に執筆活動を行うWebライター。
現在、物販やホームページ制作、近年では個人事業主向けにSEO対策代行も行っています。
noteでも執筆を開始。

PICK UP NEWS