IT・WEB開発

Webプログラミングの代表的なプログラミング言語とは?

Webプログラミングには、さまざまなプログラミング言語が存在し、この世の情報システムやWebサービスを支えています。今回はWebプログラミングで使用される代表的なプログラミング言語をご紹介いたします。

Webプログラミングの代表的なプログラミング言語とは?

今、注目されているプログラミング言語は3つ!

私たちの生活に欠かせない情報システムやWebサービスはWebプログラミングが欠かせません。Webプログラミングで使用するプログラミング言語は多数存在しますが、今、注目されているのが「Java」、「Ruby」、そして「Python」です。今回はこの3つのプログラミング言語に焦点をあてて、ご紹介いたします。

今、注目されているプログラミング言語は3つ!

世界的にも人気が高いJava

Javaは、世界中で使用されているプログラミング言語であり、OSに依存しないで開発ができるというメリットがあります。大規模な業務管理システムやWebアプリ、SNSなどの開発にも採用されています。社会を支える基幹システムのプログラミング言語でもあるため、今後も需要の高いWebプログラミングのひとつといえます。

世界的にも人気が高いJava

スピード開発重視のRuby

製品やサービスの製品ライフサイクルが短期化する中で、IT業界においても、スピード感があるWebサービスが求められています。RubyにはRuby on RailsというWebアプリケーションフレームワークがあり、アプリケーションを効率よく開発できます。そのため、スタートアップ企業やベンチャー企業の新サービスの開発に長けたプログラミング言語です。

スピード開発重視のRuby

これから需要が高くなるPython

Pythonは人工知能開発において、使用されるプログラミング言語です。近年、AIによるディープランニングをビジネスに活用する動きが広がっており、同時に需要も高まっています。コードも短く、シンプルな作りであるため、他人が作ったコードを見ても理解しやすく、運用がしやすいプログラミング言語といえます。代表的なサービスにYouTubeやインスタグラムなどSNS関連で採用されています。

これから需要が高くなるPython

Written by woogen
IT企業でのプロデューサー、マネージャーとして、Web企画・サービスを経験し、その後、フリーランスとして独立。
経営、マーケティング、人事などを中心に執筆活動を行うWebライター。
現在、物販やホームページ制作、近年では個人事業主向けにSEO対策代行も行っています。
noteでも執筆を開始。

PICK UP NEWS