IT・WEB開発

Webプログラミングの学習ステップとは?

現在のWebプログラミングの学習は、動画や優れた今日自在を使った学習が一般的となっています。そのため、Webプログラミングの学習がしやすく、扱うプログラミング言語に合った学習ステップが踏めます。今回はWebプログラミングの学習ステップをご紹介いたします。

Webプログラミングの学習ステップとは?

独学という落とし穴

Webプログラミングに関する学習サービスや書籍は数多く提供されており、また、パソコンとインターネットがあれば、すぐにでもWebプログラミングの学習が始められます。一方で、独学によるWebプログラミングは挫折しやすいともいわれており、習得したいプログラミング言語にあった適切な学習ステップを踏むことが大切です。

独学という落とし穴

全体像の把握

どのプログラミング言語においても、全体像を把握することは大切です。動画やテキストベースの教材を使って、基本知識やWebプログラミングの基本、構成などを把握する目的で、全体像を把握します。たとえ疑問点があったとしても学習を進めることで、疑問の解消やWebプログラミングへの理解につながることがあります。

全体像の把握

実際にWebプログラミングを行う

Webプログラミングの学習においては、実際に自分の手でWebプログラミングを行うことが近道です。自分が生み出したいWebサービスやアプリなどを明確にして、実際にWebプログラミングを行いながら、学んでいくことで、理解を深められます。作っていたいものが見つからない場合は、学習サイトの教材で提示されている成果物を実際に作ってみるのがおすすめです。

実際にWebプログラミングを行う

繰り返し、Webプログラミングを行う

Webプログラミングは、一度学習したら、終わりではありません。プログラミング言語は常に進化しているため、学習を続けなければいけません。最初は簡単なWebサービスを構築し、理解を深めながら、実装する機能を充実させていくことがおすすめです。疑問点やわからないことをひとつずつ解消していき、繰り返し、Webプログラミングを行うことでプログラミングのスピードも向上します。

繰り返し、Webプログラミングを行う

Written by woogen
IT企業でのプロデューサー、マネージャーとして、Web企画・サービスを経験し、その後、フリーランスとして独立。
経営、マーケティング、人事などを中心に執筆活動を行うWebライター。
現在、物販やホームページ制作、近年では個人事業主向けにSEO対策代行も行っています。
noteでも執筆を開始。

PICK UP NEWS