データベース設計・構築とは

データベース設計・構築とは

KEYWORD
IT
RDBMS
SQL
エンジニア
データベース設計

ビジネス活動において、顧客や販売に関わるデータを集約・活用することは既に常識となっています。これらのデータを集約・活用するためにはデータベース設計・構築の欠かせません。今回はデータベース設計・構築の基本知識をご紹介いたします。

最も重要なRDBMSとは?

最も重要なRDBMSとは?

RDBMSとは、データベース設計・構築に必要なデータベースを管理するためのシステムです。RDBMSには、オラクルやMicrosofoft SQL Server(MySQL)、Access、PostgreSQL、Accessが挙げられます。オラクルやMicrosofoft SQL Serverは商業用として広く、活用されています。

  • IT業界の標準規格SQL言語とは?

    IT業界の標準規格SQL言語とは?

    データベース設計・構築だけに限らず、データベースに関わる方にとって、SQL言語は必須の知識といえます。SQL言語とは、RDBMSを操作するためのプログラム言語です。データベース設計・構築から保守・運用まで全て、SQLを使わなければいけないため、エンジニアであれば、一度は勉強しておくべきでしょう。

  • エンジニアのキャリアパスとしても最適

    エンジニアのキャリアパスとしても最適

    サイト構築・ウェブ開発やシステム開発において、必ず関わる機会があるデータベース。そのため、データベース設計・構築はエンジニアのキャリアパスのひとつとしても選択しやすい項目といえます。また、ビッグデータの活用やシステムへのセキュリティ対策への需要が高まる中、データベース設計・構築が可能なエンジニアは労働市場価値が高い人材といえます。

  • 全てのシステムの基盤となるデータベース

    全てのシステムの基盤となるデータベース

    ビジネスに活用するためのシステム構築において、最適化されたデータベースは必要不可欠です。その分、データベース設計・構築の段階でユーザー要件に適したデータモデリングができなければ、継続的に使用することが不可能なシステムができあがるばかりか、一から作り直さなければいけない事態も起こってしまいます。そのため、データベース設計・構築ではその他の開発と比べて、専門的な知識と豊富な経験を必要とします。加えて、高いコミュニケーション能力や課題解決力も求められる高度な作業のひとつです。

Written by woogen

IT企業でのプロデューサー、マネージャーとして、Web企画・サービスを経験し、その後、フリーランスとして独立。
経営、マーケティング、人事などを中心に執筆活動を行うWebライター。
現在、物販やホームページ制作、近年では個人事業主向けにSEO対策代行も行っています。
noteでも執筆を開始。