IT・WEB開発

データベース設計・構築の相場とは?

あらゆるビジネスにおいて、インターネット・サービスの存在は欠かせません。また、顧客や受注といったデータを必要とするシステムを利用するにはデータベース設計・構築が必要です。今回はデータベース設計・構築の相場をご紹介いたします。

データベース設計・構築の相場とは?

費用の幅が広いAccessを使ったデータベース設計・構築とは?

データベース設計・構築の方法はいくつか種類があります。今回は初期コストがかかりにくく、その後の保守・運用がしやすいマイクロソフト社のAccessを使ったデータベース設計・構築に焦点をあてて、データベース設計・構築の相場をご紹介いたします。

費用の幅が広いAccessを使ったデータベース設計・構築とは?

価格重視であれば、10万から構築が可能

マイクロソフト社のAccessは開発コストがかかりにくく、サービス業や小売店で使用される受注管理・顧客管理を目的としたデータベース設計・構築は10円~から作成が可能です。さらに購買履歴を細分化し、複数のテーブルを連携させ、利便性を高めるように構築するには30万~で構築できます。基本的にデータベースで使用する主要テーブルが増えると費用も高まります。

価格重視であれば、10万から構築が可能

一般的には60~100万円が相場

データベースに蓄積されたデータを活用して、マーケティングや経営戦略に活用する上では、一般的に60~100万が相場となります。マイクロソフト社のAccessは開発しやすく、その後の保守もしやすいため、他のデータベース設計・構築費用よりも安く済ませることができます。仕様書・マニュアルの作成やしっかりとした打ち合わせを行え、安定稼動できるデータベースの実現が可能です。マイクロソフト社のAccessは100万円以下でデータベース設計・構築をするには最適といえます。

一般的には60~100万円が相場

業務管理を行うためのデータベース設計・構築の相場とは?

マイクロソフト社のAccessによるデータベース設計・構築は費用対効果も良く、低コストでの実現が可能な反面、大きな組織の業務管理を行うシステムの構築には向きません。そのため、業務管理システムはオラクルやMicrosoft SQL Serverを使用した大規模開発となるため、費用も200万円~が相場となっています。

業務管理を行うためのデータベース設計・構築の相場とは?

Written by woogen
IT企業でのプロデューサー、マネージャーとして、Web企画・サービスを経験し、その後、フリーランスとして独立。経営、マーケティング、人事などを中心に執筆活動を行うWebライター。
現在、物販やホームページ制作、近年では個人事業主向けにSEO対策代行も行っています。
noteでも執筆を開始。

PICK UP NEWS